お薬手帳を看護師は重要視していますか?看護師はお薬手帳の重要性や必要性をきちんと理解しておかないといけないのですよ。お薬手帳の基礎知識と看護師はどんな時にお薬手帳をチェックすべきなのかについてお話しましょうね。

お薬手帳を看護師のみなさんは、きちんと理解していますか?

お薬手帳を看護師のみなさんは、きちんと理解しているでしょうか?お薬手帳は薬剤師さんだけが使うものではないのですよ。看護師もお薬手帳のことをきちんと理解しておく必要ああります。

お薬手帳とは、使っている薬の種類や名前、量、使用方法、服用している期間などを記録しておくための手帳です。お薬手帳を見れば、今現在どんな薬を飲んでいるか、過去にはどんな薬と飲んでいたかがすぐに分かるようになっています。

さらに、今まで使用した薬で副作用を起こしたことがあるかやアレルギーの有無、既往歴、体調の変化なども記載できます。

お薬手帳は薬を基本とした患者さんの健康手帳と言えるものなのですよ。

お薬手帳を看護師がチェックするのはどんな時でしょうか

お薬手帳を看護がチェックする時はどんなときでしょうか?お薬手帳は薬剤師さんだけが使うものではなく、看護師も患者さんのお薬手帳をチェックすべき時があるのです。

例えば、患者さんが入院してくる時ですね。最近は、入院する時にお薬手帳を持参するように義務付けている病院が多くなっています。

持参したお薬手帳は、まずは薬剤師が確認しますが、薬剤師が確認したからといって、看護師が確認する必要がないというものではありません。

患者さんのお薬手帳は、必ず看護師も確認して、看護に活かしましょう。例えば、入院時にお薬手帳を見て、既往歴や副作用歴、アレルギーの有無が分かれば、アナムネを取る時に二重の手間を省くことができます。

もちろん、お薬手帳に書いてあっても、既往歴や副作用、アレルギーなどは患者さんに聞くべきですが、アナムネの時は、患者さんが緊張していたりして、つい言い忘れてしまうことも多いのですよ。

そういう時でも、看護師がお薬手帳をチェックしておけば、漏れなく患者さんの情報を集めることができますね。

また、在宅時と入院時で薬の種類が変わる場合も、お薬手帳を見て、看護師が薬の種類が変わったことを認識しておけば、副作用と思われる症状が出た時も「薬が変わったからかもしれないわ」と思い当りますね。

ですから、看護師は入院時に患者さんのお薬手帳をチェックしておく必要があるのです。

お薬手帳が看護師にとって特に重要になるのは訪問看護師ですよ

お薬手帳が看護師にとって、特に重要になるのは訪問看護師です。訪問看護師は在宅で療養している患者さんの看護を行います。

在宅療養で重要なのは、きちんと服薬しているかです。特に、独居の高齢の患者さんや患者さんが高齢、家族も高齢者しかいない場合は、服薬管理ができないことが多いのです。

訪問看護師は、患者さんのお薬手帳を見て、きちんと服薬できているかを確認し、できていない時は、どうやったら正しく服薬できるかを考えていかなくてはいけません。

正しく服薬できないと、場合によっては命にかかわることになりますので、訪問看護師はお薬手帳をしっかりチェックして、患者の服薬管理をするようにしましょう。

また、一緒にお薬手帳を患者さんと見て、薬について説明をすることで、患者さんの服薬への意識を高めることができ、アドヒアランスの向上に役立ちます。

薬局で短時間でササッと説明されるよりも、自宅でいつも来てくれる訪問看護師に薬のことを説明してもらったほうが、患者さんも質問しやすいですし、理解が進むものです。

看護師はお薬手帳のことを「私は看護師だから、あまり関係ないわ。薬剤師さんが使うものでしょう?」と思わずに、患者さんのお薬手帳はできるだけチェックするようにしましょう。

特に、訪問看護師さんは、お薬手帳を上手に利用することが、より良い看護を提供し、患者さんの安全を守ることにつながりますので、積極的に利用するようにしましょうね。

転職サイトランキングを見る