ペインクリニックの看護師って、どんな仕事をするの?

ペインクリニックの看護師って、どんな仕事をするの?

「ペインクリニックに興味があるけど、具体的にどんな仕事をするのかしら?」

「ペインクリニックの看護師求人を選ぶ時には、どんなことに注意すれば良いの?」

ペインクリニックの看護師の役割や仕事内容、メリット・デメリット、向いている人、求人選びの注意点をお話しますよ。

ペインクリニックの看護師の役割や仕事内容は何でしょうか?

ペインクリニックの看護師や役割や仕事内容は何でしょうか?

神経ブロック注射などの診療の補助

ペインクリニックはすべての痛みを診療しますが、治療の中心は神経ブロック療法です。

これは、患部に針をさして薬液を注射することで、痛みを緩和させる治療法になります。

 

神経ブロック注射は医師が行いますが、準備や介助は看護師が行います。また、一般的な外来業務もペインクリニックの看護師の役割ですね。

 

痛みの程度の把握

ペインクリニックの看護師の役割の2つ目は、患者さんの痛みの程度を正確に把握することですよ。

 

ペインクリニックを受診する患者さんは、何らかの痛みを抱えていますが、その痛みを正確に医師に伝えることができないことが多いのですよ。

 

痛みの部位や性質、程度などを短時間で簡潔に表現するのは難しいですね。

 

そのため、ペインクリニックの看護師は診察前の問診で、ペインスケールなどを用いながら、患者さんの痛みを正確に把握し、それを医師に伝える必要があるのです。

 

ペインクリニックの看護師は、医師と患者さんの橋渡し役といえるかもしれませんね。

 

自宅療養の指導

ペインクリニックの看護師は、自宅療養の指導も行います。

 

安楽な体位の調整方法、自宅でできる理学療法などを指導したり、服薬指導をすることで、患者さんが痛みを軽減しながら、日常生活を送れるように援助するのです。

 

ペインクリニックの看護師になるメリットをお話しましょうね

ペインクリニックの看護師になるメリットを考えていきましょう。

 

日勤のみで残業少なめ

ペインクリニックのメリットは、日勤のみで残業が少なめであることですよ。

ペインクリニックは病院の外来かクリニックになりますので、入院施設を持っていないことがほとんどです。

 

そのため、ペインクリニックで働くと、日勤のみの勤務になります。

しかも、予約診療制のところがほとんどですので、急に患者が増えることもなく、定時退勤できることが多いのですよ。

 

やりがいを感じやすい

疼痛が続くのは、とても辛いことですね。ペインクリニックは、その疼痛を取り除く治療を行いますので、患者さんは治療の成果を実感しやすく、「楽になった。ありがとう。」のように行ってもらう機会が多いのです。

 

看護師にとって患者さんから「ありがとう」と言ってもらえると、看護師になって良かったとやりがいを感じることができますね。

 

 

ペインクリニックの知識はどこでも役に立つ

ペインクリニックはとても専門性が高い診療科ですが、「疼痛緩和」の知識は、ペインクリニックだけでなく、ほかの診療科でも役に立ちます。

 

ペインクリニックで経験を積んでから、ほかの診療科に転職しても、経験を活かしながら働くことができるでしょう。

 

コミュニケーションスキルが身につく

ペインクリニックの看護師は、患者さんから痛みの聞き取りをして、それをまとめて整理してから、医師に伝える役割がありますので、ペインクリニックで働いていると、コミュニケーションスキルを身につけることができますよ。

 

ペインクリニックの看護師のデメリットを知っていますか?

ペインクリニックの看護師のデメリットをお話しますよ。

 

ペインクリニックで働くデメリットは、汎用性のあるスキルが身につけにくいことですよ。疼痛緩和の知識はどの診療科でも役に立ちます。

 

でも、そのほかの一般的な看護スキルを身につける機会は少ないので、まだ一人前の看護師ではない人がペインクリニックで働いてしまうと、看護師としての基礎を身につけられないかもしれません。

 

ペインクリニックの看護師に向いている人は、こんな看護師さんですよ

ペインクリニックの看護師に向いている人は、次のような人ですよ。

 

  • 仕事と家事や育児を両立させたい人
  • 専門性のある仕事をしたい人
  • コミュニケーションが得意な人

 

このような看護師さんは、ペインクリニックで働くと良いと思います。

 

ペインクリニックの看護師求人を選ぶ時の注意点は何でしょう?

ペインクリニックの看護師求人を選ぶ時の注意点をお話しましょうね。

 

病院の外来かクリニックか

ペインクリニックの求人を選ぶときには、病院の外来にするかクリニックにするかを決めましょう。

 

病院の外来のペインクリニックは、偏頭痛やヘルニア、三叉神経痛などの一般的な疼痛以外にも、がん性疼痛の治療に力を入れているところが多いですよ。

 

それに対して、クリニックの場合はがん性疼痛を扱うことは少ないですが、患者さんの日常生活に近い場で看護を行えるというメリットがありますね。

 

 

往診をしているか

ペインクリニックの中には、往診をしているところが少なくありません。往診をしているペインクリニックでは、看護師も往診に同行します。

 

そうすると、訪問看護に近いことを体験することができますので、看護師としてたくさんの経験を積むことができますし、広い視野を持って看護をすることができますよ。

 

ただ、往診をしているクリニックは、場合によっては残業することが多くなりますので、平均残業時間は調べておいたほうが良いですね。

 

ペインクリニックの看護師の役割や仕事内容、メリット・デメリット、向いている人、求人選びの注意点をまとめましたが、いかがでしたか?

 

ペインクリニックで働きたい看護師さんは、転職支援サイトを使いましょうね。

 

転職支援サイトでは、ペインクリニックの求人をたくさん扱っていますので、あなたの希望に合った求人を見つけることができるのですよ。

マザーナースイチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

こちらもおすすめ

【マザーナース】

マザーナースは「看護師の仕事を何でも解説!」をテーマに制作しているWEBサイトです。現役看護師(マザーナース「キヨミ」)、転職エージェントOG、WEB担当3名による編集チームです。

運営者情報 | マザーナースとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる