ペーパーナースが仕事を探すとき。

ペーパーナースが仕事を探すときには、看護技術をあまり必要としない分野が良いですね。

進んだ医療機器を使用した大きな病院での業務は望まず、まずは医療機関や福祉施設で看護師としての仕事について学んだり慣れたりする方が良いです。

看護業務の経験を積んで看護技術を身につけてから大きな病院などに勤務する方が、他のスタッフへの迷惑も少なくペーパーナースにとっても働きやすいでしょう。

デイサービスや老人ホーム、グループホームなどでも看護師の募集をしています。福祉施設では介護職員が多くの仕事をしますから、看護師の仕事は比較的少なく楽な場合が多いのです。

ペーパーナースは看護業務の経験が殆どないのですから、最初は少ない仕事量で責任も大きくない仕事から慣れるのが良いでしょう。

看護師として就職してもペーパーナースで経験の少ないことを自覚し、若いスタッフからの指導も抵抗を持たずに受けましょう。

勤務する医療機関によっては先輩看護師からの指導がなく、スタッフの仕事を見て覚えなければいけないところもあります。新人看護師として指導してもらえるだけでも、ラッキーな職場だと思って頑張りましょう。

ペーパーナースは職場では迷惑ですか?

ペーパーナースは、はっきり言うと迷惑でしょうね。忙しい職場で仕事に追われているときに、ペーパーナースにボーっと立たれているだけでもスタッフはイライラするかもしれません。

しかしペーパーナースに限らず、新人の時には職場にも慣れず仕事の流れも把握していないのですから、そのような光景はよくあることです。

先輩看護師の仕事を見て真似ているうちに、仕事の内容も仕事の流れも分かってきて、そのうちに一人で看護業務をできるようになります。

ペーパーナースだからと意識しすぎる必要はないでしょう。新人看護師は皆同じだと考えると良いのです。しかし看護師としての経験がない場合には正直に、どうしたらよいか、なぜそうするのかと理解できるまで教えてもらうと良いです。

一度聞いた後、忘れたり分からないときには、今度は自分で納得いくまで調べると良いです。聞いて覚えるよりも自分で調べて覚える方が、忘れにくく自分の身につくからです。

また、忙しい間を縫って説明してくれた先輩看護師に、同じ質問を繰り返すのは「以前の話は聞いていなかった」と言わんばかりで失礼になるからです。

ペーパーナースは仕事を始める時に先ずすることは?

ペーパーナースがまずすべきことは、働きやすい職場を見つけることです。看護師転職サイトなどで、望む勤務条件に合った職場さがしをします。

同時に看護技術などの研修を行っている医療機関や市の看護師復職支援サイトなどで、新人看護師やぺ-パーナースの研修項目の確認をします。

新しく就職する先の職場が、新人看護師やペーパーナースに対して好意的に接してくれるかについても調べておくと安心です。

看護師を教育することや、潜在看護師やペーパーナースに対して支援することを目標に挙げている病院もあります。

ペーパーナースに理解を示し、教育や支援をしてくれる医療機関であれば、ペーパーナースであっても働きやすいはずです。仕事をしながら、そして指導してもらいながら、看護技術を身につけることができるでしょう。

最初の職場としては、クリニックなども適しているでしょう。外来患者さんやスタッフ間とのコミュニケーションを良好にすることは必要ですが、大きな病院ほど患者数もスタッフの数も多くはありません。

クリニックでは医師の医療補助の仕事が主なので、看護技術はそれほど必要ではありません。クリニックで働く先輩看護師の指導も、それほど多くはないでしょう。

夜勤や日曜日の出勤もありませんから、ペーパーナースにとっては看護師として働きやすい職場です。潜在看護師として長く家庭にいたペーパーナースですから、家族の協力や理解なしに働くことは難しいでしょう。

自宅近辺のクリニックであれば、環境から言っても家族の協力を得ることができるでしょう。ペーパーナースとしての受け入れが可能な職場であれば、なお働く意欲がわいてきますね。

転職サイトランキングを見る