ホスピスの看護師の仕事内容は?

ホスピスでの看護師の仕事内容についてお話しましょうね。患者さんが人生の最後に入院するところがホスピスです。他の一般病棟の看護師の仕事よりも、精神面での看護が確実に難しいことは予測できます。

患者さんは自分の疾患や予後についての説明を担当医師から受け、ホスピスを選択して入院しているのです。ホスピスでは、本人の意思を尊重し無理な治療はせず苦痛を軽減することを主な目標にしています。

患者さんは、自分の人生の最期を充実し後悔なく過ごすためにホスピスを選ぶのです。そのことを医師も看護師も家族も了解していますから、皆で協力して患者さんの意志に沿うことができるように生活の援助するのです。

看護師は患者さんの苦痛の緩和のための看護と、精神面でのサポートをしますが、患者さんを支える家族のサポートをすることもあります。

高齢者が多くなり、終末期を在宅で過ごすことを希望する患者さんも少なくありません。在宅ホスピスを希望する患者さんの訪問看護の仕事も増え、ホスピスで働く看護師の需要も高くなるでしょう。

ホスピスで看護師が働く理由は?

ホスピス勤務の看護師は、精神看護を行うことの大変さを認識していて、ホスピス勤務を希望し入職するのです。

患者さんの役に立ちたい、人のために何かをしたいという使命感を持つ看護師は、他の職場ではなくホスピスをあえて選択します。

死と直面する患者さんと「どのように接してよいかわからない」と悩む看護師が一般的には多く、そんな考えの看護師はホスピス勤務を希望しません。

肉体的ばかりでなく精神的にも辛い状態にいる患者さんの看護はむずかしく、新人の看護師よりも経験の豊富な看護師の方が適しています。

経験を多く積んでいる看護師の方が、また若い看護師よりも年配の看護師の方が、一般的には患者さんの気持ちに寄り添える場合が多いのです。

一般病棟では仕事量が多く忙しいため、仕事に追われ患者さんとコミュニケーションをとる時間も制限されます。ホスピスでは、患者さんの心のケアが主になりますからコミュニケーションをとったり、患者さんと接する時間を大切にしています。

患者さんに対して濃厚な看護をしたいと考えている看護師にとって、患者さん個人個人に深く丁寧にかかわるホスピスは、希望にそった職場になるでしょう。

ホスピスに向いている看護師

人の痛みを理解することのでき、患者さんの訴えを受け入れることができる包容力のある看護師が向いていますどんな場面でも落ち着いて責任ある行動や判断ができる人で、患者さんからの信頼される看護師が適しています。

精神看護が重要な仕事になりますから、そのことに興味を持ち、より専門的な看護技術を身につけたいと考えている看護師には適している職場です。

ホスピスに入所している患者さんは、死を覚悟している人もいますが恐怖と戦っている人も多いのです。患者さんの中には痛みをたえず感じている人もいて、常時精神的に平穏な状態を保っているとは限らないのです。

精神的にも安定せず、不穏になることもありますし、薬の副作用も出現してくるでしょう。患者さんの人生の最後まで、いろいろな事態に対処していく看護師は、精神的にも肉体的にも疲れないはずがありません

その割に年収は一般病院とそれほど変わることがないのです。仕事の内容が収入に合うか否かを考える看護師には、ホスピスは向いていないかもしれません。

自分が看護師としてどんな仕事をしたいのかについて考え、しっかりとした目標や信念を持っていることが大切ですね。ホスピスの仕事をしたいとはいっても、どのような形でその仕事にかかわっていくかということもあります。

緩和病棟に入所している患者さんの看護ばかりでなく、在宅ホスピスの看護の仕事もあります。高齢者が多くなり、終末期を在宅で過ごすことを希望する患者さんが将来増えていくことも予測されます。

在宅ホスピスをサポートする訪問看護師としての仕事もありますし、今後益々ホスピスで働く看護師の需要は高くなるでしょう。

転職サイトランキングを見る