リエゾンナースとはどんな看護師ですか?

リエゾンナースとはどんな看護師ですか?

リエゾンという単語には橋渡しやつなぐという意味があります。リエゾンナースは精神看護専門看護師のことをさし、3種類に分類されます。

日本精神科看護技術協会が認定する「精神科認定看護師」と日本看護協会が認定する「精神科専門看護師」、そして各医療機関で働くリエゾンナースです。

どの分野で活躍するリエゾンナースも、精神的看護の専門知識と技術を持って患者さんに関わり、高度な看護を提供しています。

患者さんの看護をする立場の看護師も、看護の仕事を通して精神的に病む場合があります。リエゾンナースは患者さんばかりではなく、ストレスを抱える看護師に対しても精神的なケアを行います。

精神的に病む看護師よりも、心身ともに健康な状態の看護師の方が、より患者さんに対する精神的なケアを充実させることができます。リエゾンナースは、今後ますます医療や看護に欠かせない存在になるでしょう。

リエゾンナースを希望する看護師はいますか?

リエゾンナースを希望する看護師はいますか?

現代はストレス社会とも呼ばれますから、その社会的影響もあり精神的に病む人は増えています。患者さんばかりではなく看護師自身も、仕事上、肉体的にも精神的に病むことが少なくありません。

精神的看護に興味を持ち「より深く勉強し、専門知識を深め精神看護の仕事につきたい」と考えている看護師は少なくないです。

看護師の仕事は人間が相手ですから、コミュニケーション力を磨くことや、専門的な精神看護の知識を学ぶことは必要なことです。

仕事が忙しかったり職場の人間関係について悩み、鬱になる看護師もいるのですから、看護師自身のためにも精神看護を学んでおきたいものです。

リエゾンナースを希望する看護師は増えていますが、精神科専門看護師になるためには資格取得しなければなりません。

すぐにリエゾンナースとして働きたいと考える看護師は、各医療機関で独自に設定しているリエゾンナースの業務につくと良いでしょう。仕事をしながら徐々に勉強し専門知識を深めていく方法もあります。

リエゾンナースのメリットは何ですか?

リエゾンナースのメリットは何ですか?

リエゾンナースは認定試験に合格した精神看護専門看護師ですから、どこの職場でも信頼されます。

精神的専門知識を取得し、他のスタッフへの精神的サポートができるという面から、看護師長や看護主任、総看護師長に任命されることもあります。

はじめから看護師長ということで医療機関に迎えられる場合もあります。看護師長という立場ではなく、自由にリエゾンナースとして活躍したいと考えている看護師もいます。

精神科ばかりでなく他の診療科でももちろん、自分の希望する職場でカウンセラー的な仕事をすることもできます。

看護師は、患者の考えていることに共感を持つことが大事で、だからこそ患者さんの悩みなども理解できるのですが、実際にはなかなかそうはいきません。

仕事に追われて患者さんの言葉にゆっくりと耳を傾けていることができないのです。そんな時でもリエゾンナースであれば時間を割いて患者さんの訴えを聞くことができます。患者さんにとっても看護師にとってもありがたい存在ですね。

患者さんやその家族、または看護師や医療機関で働くスタッフのために目的を持って幅広く活動することができるでしょう。リエゾンナースは、自分自身の考え次第で仕事の専門分野を幅広く拡大していくことができます。

目標をもって仕事をしている看護師にとっては、適している資格でもありますし、やりがいを持って働くことができます。資格を取得していますから、給料面でも資格手当などで優遇されます。

社会的にも経済的にも認められて、自分自身で納得できる仕事ができるのですから、リエゾンナースに興味を持つ看護師が少なくないことも当然ですね。

医師や看護師の相談相手になったり、精神的にサポートする場合もありますから、リエゾンナースとしての自分の立場に対しても十分満足できるでしょう。

転職サイトランキングを見る