不整脈患者さんの合併症は?

不整脈には無害の物とそうでないものがあります。更年期の女性にみられる不整脈などは無害なことが多いです。

「内科で精密検診をしても治療する必要はなかった」という経験のある人は少なくないでしょう。

重い合併症を引き起こす危険性のある不整脈には、脳梗塞を起こすものがあります。しかし、前もって治療しておくことで、かなり予防できます。

脳梗塞を引き起こす不整脈は心房細動です。心房細動になると心房全体がけいれんのように震え血液の流れがよどみ、そのため左房内に血栓ができやすくなります。

この血栓が何かの拍子に剥がれると、血流に乗って心臓から脳へと進み、脳動脈の途中で詰まって脳梗塞を起こします。

心房細動による血栓や梗塞を予防するためには、心房細動を根治させるか、血栓ができるのを防止する必要があります。

心不全を引き起こす危険性のある不整脈には除脈頻脈 があります。脈が遅すぎたり速すぎたりのときは苦しくなります。

もともと心臓病があると、容易に心不全を誘発してしまいますから、こうした例ではより積極的な不整脈の治療が必要になります。

不整脈の中には強い自覚症状を伴うものがあります。不整脈そのものには命の危険はありませんが、症状のために日常生活に大きな支障を来します。

特に、心房細動や心房粗動、上室性頻拍などの頻脈発作を繰り返す場合や、期外収縮の多発などは、ほとんどの患者さんが強い動悸を自覚します。

基本的には薬で不整脈を治しますが、薬が効かない時にはカテーテルによる治療を考えたり、遅い脈にはペースメーカーを併用することもあります。

一般に薬は頻脈に強く、ペースメーカーは除脈に強いためです。

不整脈患者さんが多い診療科での、不整脈治療の考え方は?

不整脈治療の最近の考え方ですが、近年の臨床研究によって、不整脈治療への考え方はずいぶん変わってきています。

「何でも薬などで治そう」という方針から、本当に必要かつ有効な治療だけをするようになりつつあります。

軽症不整脈に関してですが、多くは治療をせずに生活の適正化だけで行うことが多いです。

軽症の不整脈に対して強い薬剤を長期間用いると、その不整脈は消失しても別の不整脈を起こしてしまう場合があるのです。

副作用のために、かえって予後が悪くなる可能性があります。

一般的には、重い心臓病がない患者さんで不整脈が見られても、不整脈の重症度が高くなく症状も軽ければ、薬物治療は行わないのです。

生活習慣の改善などの指導を行うだけで良いというのが最近の考え方です。

中等度の不整脈でも、治療する場合の治療目標は、無理をして完全治癒を目指すのではなく、患者さんの生活の質の改善を目的とします。

多少の不整脈が残っても長期予後の改善が得られることのほうが重要だと考えるのです。

このような考えから、実際の治療法も眼の前の不整脈を表面的に治す対症療法から、根治を目指すようになったのです。

このように、患者さんに応じた個別の治療へと、治療法が大きく変貌しつつあります。

一分一秒をあらそう超重症不整脈患者さん。

心室細動は心停止と同じ状態ですから直ちに心肺蘇生やAEDが必要です。

もっとも危険なタイプの不整脈です。心臓はけいれんしているだけで、血液を送り出すことはできません。

血圧はほぼゼロとなり、事実上心停止の状態になるため、そのままでは4分以内に脳死になってしまいます。

心室細動が起こった場合は、ただちに心臓マッサージや心肺蘇生や電気的除細動(電気ショック治療)を行う必要があります。

最近普及したAEDを早い段階で使って電気ショックを与えると改善する可能性があります。

最近では誰でもAEDを使用することができるように、職場などでも実技練習の指導がありますね。

積極的に参加しておくことで、日常生活の必要な場面で人命を救うことができるかもしれないのです。

看護師転職サイトに相談しましょう

マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。



※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る