企業看護師とは・・・種類が色々ありますよ

企業看護師とは何でしょう。企業看護師には、大きく分けて4種類の仕事があります。

CRCと呼ばれる治験コーディネーター、CRAと呼ばれる臨床開発モニター、産業看護師とも呼ばれる企業内の看護師、医療機器メーカーで働くクリニカルコーディネーター、の4種類です。

私は看護師をしていますが、企業看護師の4種類については知らなかったのです。企業看護師とはそれだけ認知度の低い職業だと思います。

ハローワークなどで企業看護師を募集しているところがないのも理解できます。

専門性が高いので、どうしても求人サイトのような専門のところに就職斡旋を任せるのですね。

企業看護師とは・・・お仕事は、多岐にわたりますね

治験コーディネーターは主に、治験を担当している医師のもとで、治験業務の補助を行っています。

臨床開発モニターは、治験に関する契約を行ったり、モニタリングをするなど、治験が正しく行われているかどうかをチェックする業務を行っています。

企業内の看護師は、一般には産業看護師と呼ばれるもので、企業の中で従業員の健康管理などを行っています。

クリニカルコーディネーターは、医療機器メーカーの中で一般社員と同様の勤務をしながら看護師の資格が生かせるような業務についています。

企業看護師とは言っても、さまざまな種類の業務があります。

企業看護師とは・・・休日を取り易いですよ

病院やクリニック、福祉施設などに勤務する看護師よりも、企業看護師の方が比較的休日も取りやすいです。

日曜日や祭日には、会社の職員と同じように仕事は休みで、お盆やお正月もきちんと休みがもらえます。

病院などで勤務する看護師にはなかなかもらえない日曜日の休日が、当然のようにもらえるのですから羨ましいですね。

遠慮しながら休みの希望を看護師長に提出しなくても済みます。

勤務時間もきちんとしているので、病院のように超過勤務などもないでしょう。

このような点で今、病院やクリニック、福祉施設などに勤務している看護師の中にも、企業看護師になりたいと思っている人は多い事でしょう。

企業看護師の仕事のひとつには、個人個人の採血の検査結果を調べて、生活習慣や、食事習慣などの保健指導をすることもあるでしょう。

会社の職員が病気をせず元気に仕事を継続することを援助するのも企業看護師の仕事です。

企業看護師とは何か、転職サイトに聞いてみては?

病気をしていない人の勤務する職場で働く企業看護師ですから、自分の仕事の成果や結果がすぐに目に見えるということはないでしょう。

看護師としてのやりがいについては物足りなさを感じる看護師もいるかもしれませんね。

企業看護師を希望する看護師は、看護師転職サービスのサイトを利用すると良いです。

自分の希望する条件を、看護師転職サービスのサイトに伝えておきます。

看護師転職サービスのサイトでは、あなたに適した職場を見つけて知らせてくれます。早速あなたも看護師転職サービスのサイトに無料登録してみませんか?

転職サイトランキングを見る