看護師の企業求人には、私も興味がありますね

退職を機に、病院や医療機関ではない他の職場で看護師として働きたいと考える人も多いと思います。

看護師でありながら今までに経験したことがない、看護師の仕事にも興味があります。

病院以外にも、クリニック老人ホームなどの福祉施設、企業や学校などで看護師を必要として求人を出しているところがあります。

看護師が企業で働くメリットは何でしょうか?

看護師が転職後の職場として企業を選択した場合のメリットはなんでしょうか?

企業看護師系の仕事では、一般の会社勤めと同じような感覚で働くことができます。

企業内で働く場合、夜勤はないのです。

不規則な勤務形態ではなくなりますから、規則正しい生活ができます。

家庭の事情で夜勤ができない看護師にとっては、企業看護師は良い条件です。

病院勤務の看護師のように、労働が激しくて腰痛を起こすこともないでしょう。

体の調子の悪いときにも、人手が足りないからと無理に出勤することもなくなるでしょう。

健康面で無理できない、または激しい仕事に自信がない看護師にも理想の職場といえます。

看護師が企業で働く場合、日曜休みなのが羨ましいですね

学校の保健室みたいに考えてよいと思います。日曜日の出勤もないでしょう。

母親の看護師にとって、子供が小さい時は保育所が日曜日休みの為に、日曜出勤は結構精神的にきついのです。

日曜日に休みの勤務の看護師に勤務交代を頼まなくても良いのです。

企業看護師は、時間外勤務も殆どないでしょうね。

子育てを中心に生活をしている看護師には最適の求人です。

保育所のお迎えも時間内にできるので、子供を一人で待たせることもありません。これだけ考えてみても勤務条件としては魅力的なことが多いです。

看護師が企業で働くデメリットはあるのでしょうか?

反対に、企業に就職した場合のデメリットはなんでしょうか?

給料は労働が激しい分、看護師の方が高額だと思います。

企業では一般の会社員と同じほどの給料ですから、その面では安価になりますね。

夜勤手当も超過勤務手当もないのですから当然です。

看護師として病院で働くほどの仕事をしないのですから、給料が低くても当然かもしれません。

看護師として高度な医療を目指す人には不適切な職場だということになります。

看護師の企業求人は、転職サイトに見つけてもらいましょう

転職後、企業に就職したい看護師は看護師転職サービスのサイトを利用すると良いです。

サービスのサイトに無料登録するのです。

職場の条件を伝えると、サイト側が条件に合った求人を探してくれます

適切な職場が見つかると知らせてくれるので、自分で求人を探す手間が省けて便利です。

転職サイトランキングを見る