体育会系の看護師は多いですね。女性が多い職業の中でも、こんなに体育会系の人が多いのは、看護師くらいではないでしょうか?体育会系の看護師が多い職場や少ない職場のお話をしましょうね。

体育会系の看護師が多い職場はこんな職場ですよ

体育会系の看護師は多いですね。体育会系の看護師は、次のようなタイプの人ですよ。

・テキパキ&きびきび動く
・考えるよりも、まず行動
・ノリが良い
・熱い気持ちを前面に押し出す
・元気で明るい
・礼儀正しい
・サバサバタイプで、嫌なことがあっても引きずらない

このような人は体育会系と言われています。体育会系の看護師さんは、自分と同じように体育会系の人が多い職場で働くと、職場になじみやすいですし、親しい友人ができやすく、気持ちよく働けると思います。

もともと看護師には体育会系の人が多いですが、特に体育会系の看護師が多い職場をご紹介しましょうね。

・救命救急センター
・ICU
・整形外科病棟
・オペ室
・脳外科病棟

どんな看護師が多いかは、その職場によりますし、性格は十人十色ですので、一概にこの職場なら絶対に体育会系の看護師が多いとは断言できません。

ただ、これらの職場はスピードが要求されたり、重症度が高かったりするので、体育会系の看護師が長く働き、おっとりなごみ系の文化系看護師は早めに転職するため、体育会系看護師が多めのことが多いのですよ。

体育会系の看護師が多いのは悪いことではありませんが、注意すべきこともあります

体育会系の看護師は多いですし、体育会系のノリ自体は悪いことではありません。さばさばした看護師がテキパキ働いている職場は、患者側から見ていても気持ちよいものですから。

ただ、こんな体育会系の職場は要注意ですよ。

「見て覚えて」を強制する職場

最近はだいぶ少なくなってきていますが、看護師の世界はまだ古臭いところが残っていて、「見て覚えて!」という指導方針のところがあります。

「わざわざこちらからは教えない。後輩は見て覚えるもの!」という指導方針では、きちんと学ぶことができませんね。

むしろ、エビデンスなどを教えてもらえないので、知識・技術ともにあやふやなまま看護をすることになり、患者さんが危険になることもあります

「見て覚える!」、これは間違った体育会系の職場ですので、いくら体育会系の看護師が多いとしても、その職場で働くのはやめておいたほうが良いでしょう。

年功序列が絶対の職場

年功序列が絶対の職場も、間違った体育会系のノリの職場ですので危険です。体育会系は年功序列が絶対。「年上が白と言えば、黒いものも白くなる。」、こんな職場は絶対に選ばないでください。

そういう職場はお局看護師が長く働いていて、中堅の看護師は少なく、若手看護師はすぐに辞めていくような職場です。

年功序列が絶対の職場を選んでしまったら、あなたはこき使われるだけの存在になりますので、体育会系という言葉をはき違えているような職場は選ばないようにしましょう。

体育会系の看護師のノリが苦手な人は、こんな職場を選びましょうね

体育会系の看護師は多いですが、看護師全員が体育会系というわけではないですね。看護師さんの中にはおっとりなごみ系、いわゆる文化系の性格をした看護師さんもいます。

文化系の性格をしている看護師さんは、サバサバ&テキパキの看護師の雰囲気にいまいちなじめないことも多いのではないでしょうか?

時には、先輩看護師に「なんか、ノリ悪くない?もっと元気に声出していこうよ!」なんて言われてしまって、「ついていけない」と思うこともありますね。

そういう人は、おっとりなごみ系の看護師さんが多めの職場を選びましょう。おっとりなごみ系の看護師が多い職場は、次のような職場ですよ。

・療養型病棟
・デイサービス
・介護施設

これらの職場はスピードはそれほど要求されず、患者さんの生活の場に近いので、バタバタせずに落ち着いた雰囲気になっています。

おっとりなごみ系の看護師さんに向いている職場なので、体育会系の看護師は長く働かずに退職して、文化系の看護師さんばかりが多く残るのですよ。

体育会系のノリが苦手な看護師さんは療養型病棟、デイサービス、介護施設の中から希望に合った職場を選ぶと良いですね。

体育会系の看護師さんもおっとりなごみ系の看護師さんも、あなたの性格に合った職場で働きたいなら、転職支援サイトを使うことをおすすめしますよ。

転職支援サイトなら、体育会系の看護師が多い職場、おっとりなごみ系の看護師が多い職場の求人を紹介してくれるだけでなく、実際の職場の雰囲気も調べてくれるのです。

転職サイトランキングを見る