保健師とはどんな資格なのでしょうか?

保健師になる為には、専門の教育を受けて、保健師と看護師両方の国家試験に合格しなければなりません。

保健師は、自治体などの各地域において、その地域の人々の健康増進や疾病予防を推進するために、健康教育や保健指導などの地区活動を行うスペシャリストになります。

保健師とはどんな仕事なのでしょうか?

保健師の具体的な仕事はどのようなものになるのでしょうか。

保健師として働く職場は、大きく3種類に分かれます。

行政保健師は、地方自治体の保健所や保健センターなどに勤務し、保健行政の仕事をおこないます。地域住民の健康管理に関する仕事をします。

たとえば妊産婦の保健指導とか、高齢者の健康維持とかです。そのために計画を立てて実行していきます。

行なった保健指導は結果になって現れるのでやりがいのある仕事と言えるかもしれません。

企業に勤務する産業保健師は、会社の社員の健康維持や病気予防のための仕事をします。

学校保健師は、学校に勤務して生徒や教職員の健康保持の仕事をおこなういます。

一般には、保健室にいて養護の先生とよばれます。事件や事故、自然災害が多い現在には特に子供たちの心身の健康維持のために必要な存在になっています。

保健師とは・・・私のときも目指した人が居ましたよ

私の看護学校の時には、30人中1人の看護師が保健師の学校に進学しています。

保健師の方が、看護師よりも就職の幅が広がります

患者さんの看護だけではなく、疾病予防の保健指導の仕事もすることになるからです。

保健師は、保健指導する業務を独占するということではありません。医師などが診療の一環として保健指導を行なうことはもちろんできます。

保健指導としての活動を行うことで、仕事の幅が広がるぶん、給料も自ずと高額になります。

出来ることならば、看護師の他に保健師の資格も取っておくと何かと便利ですね。就職活動の幅も当然広くなります。

保健師とは何か、転職サイトに聞いても良いでしょう

保健指導の仕事ですから、地域への貢献度も高いですね。

保健師が就職するときは、看護師転職サービスのサイトに登録すると良いです。

就職したい職場の条件を、転職サービスのサイトに伝えておきます。

転職サービスのサイトでは、あなたの条件に合った職場を探して教えてくれます。

早速あなたも看護師転職サービスのサイトに無料登録しませんか?地域に貢献できる、地域の人たちから親しみを持ってもらえる保健師になりましょう。

転職サイトランキングを見る