看護師の保育園求人も、選択肢として魅力的ですよ

退職後に新しい職場として保育園の求人を選択する看護師もいます。

病院や医療施設ではない、新鮮な職場を求めて転職する場合、保育園は新鮮に映ります。

一般的に保育園は、保育士の免許を持った人が働くところと思われています。

最近では、保育園で看護師を必要としているところもあるのです。

保育園に勤務する看護師のメリットはなんでしょうか?

看護師の保育園求人は、メリットが沢山ですね

看護師であっても、保育園の求人では夜勤はないです。

家庭の主婦である看護師や、子育て中の看護師にとっては夜勤がないことは嬉しいですね。

夜勤ができないというだけでパート扱いの求人になる職場もあるのです。

病院や医療施設とは異なり日曜日や祝日は勤務がないです。

親の要望に応えて、夜間保育をしていたり、休日にも保育をするところも出てきています。

普通の保育園を選択すると保育園の休園日は日曜日ということです。

病気の人や寝たきりの患者さんの看護精神的に疲れます

子供たちの顔を毎日見るのとでは精神的に違います。

子供といると喜びや、生きることの素晴らしさを感じます。

看護には体力が伴いますが、子供は小さいので体力的にも楽です。健康に自信がない看護師でも保育園では勤まりそうです。

看護師の保育園求人には、デメリットもあるのでしょうか?

保育園で勤務する看護師のデメリットはなんでしょうか?やはり給料でしょうか。

看護師の給料は、勤務条件が厳しいこともあり、一般の職種より高額だと思います。

しかし保育園で勤務するときは、保母さんと同等の給料ということになります。一般の看護師の給料よりも少し低めが予想されます。

子供の話し声や泣くことに対して、はじめのうちは騒々しさを感じることもあるかもしれません。

病院で勤務するときの、認知症の患者さんが同じ訴えを繰り返すことや、徘徊を考えるとあまり変わらないかもしれませんね。

看護師の保育園求人は、転職サイトに見つけてもらいましょう

病院やクリニックに勤めている看護師で、転職を考えているという人は、保育園での仕事も、転職先の一つに考えてみるといいでしょう。

保育園で看護師の仕事をすることの魅力は、毎日子どもたちと接しながら、自分が持っている資格を活かせるということです。

新しい転職先として保育園を考えている場合には、ネットの看護師求人サイトを利用すると良いです。

具体的に場所や勤務時間などの条件を伝えておきます。

転職サービスのサイトが条件に合った保育所の求人を探してくれます。適切な場所を調べてくれて教えてくれます。

転職サイトランキングを見る