このお話は、こんな人に役立ちますよ↓
「内科の看護師ってどんな仕事をするの?」
「内科の求人が多すぎて選べない」

看護師の内科の求人について、語ります。内科の仕事内容や特徴、メリットやデメリット、求人探しのポイントを説明しますので内科に転職したい看護師さんはぜひ参考にしてくださいね。

看護師の内科求人は多いでしょうね

一般的に内科病棟勤務の看護師は多いと思います。内科の病院やクリニックの数が他の科目に比較して一番多く、身近な診療科目になっています。

私たちが風邪をひいたり、腹痛だったり、身近な症状で受診するのが内科です。

医院だったり、クリニックだったりします。病院内でも、一応内科に受診していれば間違いない位に安心して受診しています。

外来の患者さんも一番多いと思います。最近では中高年老人層が多く、ますます内科の受診患者数は増すと思います。

生活習慣病や成人病を患う人が多いですが、まず受診するのも内科です。

内科は一般的で普通というイメージがあります。看護師として職場を選択するときは一番なじみやすい科目ではないでしょうか。

私も内科で働いていたことがありますよ

私は外科、内科、耳鼻科産婦人科などの病棟に勤務してきたのです。

内科は内臓疾患なので、患者さんとしては治療される期間が長くなることを予測するため、明るい表情というわけにはいかないです。そのところが他の科目と異なるところですね。

病状にもよりますが、薬の内服をしていれば日常生活はほとんど普通に行えることが多いため安心できる科目でもあります。

病気とは長期戦になるので、内科の看護師は外来患者さんと顔なじみになったりしますね。

外科や耳鼻科や、産婦人科などは手術をして早くに退院ということができます。

内科の患者さんにとっては羨ましく思うところでもあるでしょう。内科は真面目に気長に治療し病気をやっつけなければなりません。その反面、病気によっては簡単に治癒することもあります。

内科の看護師の仕事の特徴や仕事内容は何でしょうか?

内科の看護師の仕事内容は、基本的な看護業務ですね。

病棟だったら、バイタルサインのチェック、与薬、点滴、検査介助、保清、食事介助、日常生活援助などです。

次に内科の看護師の特徴的な仕事をお話しましょうね。内科の看護師の特徴的な仕事内容は、退院指導ですよ。

内科の患者さんは、退院後も在宅療養を続けますので、患者さんが退院後も適切な療養を続けていけるように、患者さん本人や家族に退院後の注意や療養のポイントなどをきちんと指導しなければいけません。

そのため、内科の看護師は患者さんとしっかりコミュニケーションを取って、信頼関係を築いていく努力をしなければいけないのですよ。

内科に看護師が転職するメリットは何でしょうか?

看護師が内科に転職するメリットは3つありますよ。

転職先の候補が幅広い

看護師が内科に転職するメリットの1つ目は、転職先の候補が幅広いことですよ。「内科」といっても、いろいろな職場がありますね。

急性期病棟や療養型病棟、内科外来、内科クリニックなどがありますし、訪問看護などの内科の要素が非常に強い職場です。

そのため、内科の看護をしたいと思ったら、様々な職場から自分に合ったところを選ぶことができるのですよ。

一人ひとりと向き合った看護ができる

看護師が内科に転職するメリットの2つ目は、患者さん一人ひとりに向き合った看護ができることです。内科は外科に比べると、在院日数が長いですね。

また、慢性疾患が多いので、長期的に療養を続けていく必要があります。そのため、長期的に患者さん1人1人と向き合った看護をすることができるのですよ。

外科と比べると落ち着いている

看護師が内科に転職するメリットの3つ目は、外科と比べると落ち着いていることです。外科はいつもバタバタして落ち着かないですよね。それに対して、内科はオペ出しオペ迎えはありません。急変も少なめです。

もちろん、内科が暇というわけではありませんが、外科と比べると落ち着いた環境で、ゆとりを持ちながら働けるのです。

内科に看護師が転職するデメリットは2つありますよ

内科に看護師が転職するデメリットは何でしょうか?

処置介助等の看護スキルは身につけられない

看護師が内科で働くと、処置介助等の看護スキルを身につける機会が少ないというデメリットがありますよ。

内科では処置が少ないので、内科で働いていると、少し難しい処置を経験することができないのです。また、オペ前の看護・オペ後の看護も内科では経験できませんね。

やりがいを感じにくい

看護師が内科に転職するデメリットの2つ目は、やりがいを感じにくいことですよ。内科の患者さんは、外科の患者さんのように、オペ後の傷が目に見えて回復するというわけではありません。

内科の患者さんの回復は、目に見えにくいのです。そのため、看護をしていて、やりがいを感じにくいことがあるかもしれませんね。

内科の看護師に向いている人はどんな人ですか?

内科の看護師に向いている人は、次のようなタイプの看護師さんですよ。

・ジェネラリストを目指したい
・急性期の中でもゆとりを持って働きたい
・患者さんと話しながら看護をしたい
・外科の忙しさに疲れた

このような看護師さんは内科に向いていますので、内科への転職を考えてみると良いでしょう。

内科に看護師が転職する時の求人選びの2つのポイント

内科に看護師が転職する時には、どんな求人を選ぶと良いのでしょうか?

内科の中でもどの内科で働くのでしょう?

内科の看護師求人を選ぶ時には、内科の中でもどの内科で働くのかを確認しましょうね。内科といっても、循環器内科、消化器内科、神経内科、呼吸器内科、腎臓内科などがあります。

これらは「内科」に分類されるものの、扱う疾患や看護師の仕事内容は異なります。

必ず、どの内科に配属されるのか、どんな疾患の患者さんが多いのかを確認しておきましょうね。

どんな職場の求人なのでしょうか?

内科の看護師求人を選ぶ時には、どんな職場の求人なのかをチェックしましょうね。急性期病棟なのか、療養型病棟なのか、外来なのか、クリニックなのか。どんな職場かによって、看護師の仕事は変わりますよ。

急性期病棟といっても、大学病院のような病院と一般病院では重症度や行っている治療は違いますので、細かい部分まで確認しましょうね。

内科で働きたい看護師さんは、転職支援サイトを使うと良いですよ。転職支援サイトでは、内科の求人をたくさん扱っています。

担当コンサルタントに相談すれば、急性期病棟や療養型病棟、外来、クリニックなど、希望に合った内科の求人を紹介してくれますし、配属交渉もしてくれるのですよ。

転職サイトランキングを見る