准看護師とは何でしょうか?

准看護師の学校を廃止してゆくゆくは准看護師をなくしていこうという話は昔からあります。

でも看護師不足や、政府の方針が決まらず、その話ものびのびになっているのかもしれません。

最近では、准看護師の養成学校は、徐々に少なくなっています。

病院によっては、准看護師は採用せずに、看護師のみを採用するというところもあります。

私の勤めている病棟にも准看護師はいます。でも徐々にですが准看護師の方が看護師よりも少なくなってきています。

30年ほど前は逆だったので、准看護師よりも正看護師は少なかったのです。

准看護師とは滅び行く運命と共にあるのです

今では若い看護師は正看護師ばかりになってきています。

医療の進歩に伴い、看護師の仕事のレベルも高くなってきているのが大きな理由だと思います。

看護師も准看護師もしている業務は同じ内容なのですが、やはりしっかり基本的な教育を 受けていると態度になって自然に出てくるものが異なってくるのだと思います。

准看護師は、准看護師学校や准看護師養成所、あるいは、看護高等学校などを卒業した後に、都道府県知事試験の受験資格が与えられます。

合格すると、都道府県知事から准看護師の免許がもらえるのです。

准看護師とは・・・正看護師への移行も増えています

2004年からは、10年以上の准看護師の経験がある人に対して、看護師になるための通信制の移行教育というものが始まったのです。

2006年には、この移行教育を受けた人が、看護師の国家試験を受けています。

私の勤めている病院でも、准看護師の人に対して学校へ行き勉強して看護師になることを勧めています。

現に2名の看護師が、准看護師から正看護師になっています。

試験に合格し正看護師になり、もっと条件の良い職場へと転職していった看護師もいます。

一般には看護師の方が、准看護師よりも給料も、勤務条件も良くなっているようです。

准看護師をしている方は、看護師になれるように勉強するのも将来的には良いと思います。

准看護師とは・・・転職したい場合は、ここに相談です

病院によっては給料に差がなかったり、勤務条件も同じだったりするところもあります。

准看護師が就職するときには看護師転職のサイトを利用すると良いです。

自分の希望する職場に就職することができるでしょう。

希望する勤務条件を転職サービスのサイトに伝えておくだけです。

看護師転職サービスのサイトに早速無料登録しませんか?

転職サイトランキングを見る