準看護師免許と正看護師免許のとり方のちがいについてです。

看護師は国家資格免許ですが、准看護師は都道府県知事免許です。

看護の仕事としては、医師や歯科医師、または看護師の指示を受けて療養上の世話や診療の補助をします。

準看護師制度が出来たころと時代が変化してきているので、準看護師の資格を取得しようと考える人は年々減少しています。

高校や大学に進学する人が増加してきたために、看護師になるための方法も変わってきました。

中卒で準看護師になれる道から、大学を卒業して看護師になる道へと変わってきて、その方法を選択する人が増えてきたのです。

準看護師免許は誰でも取得できます。

年齢制限を設けている准看護師学校は少なく、社会人でも入学できますので働きながら学ぶことも可能です。

人生の途中でも進路を他の分野から、医療方面へと切り替える事が出来るのです。

2004年から「通信制の看護師学校養成所(2年課程)」が開始されました。

10年以上、准看護師としての実務経験があると正看護師になりやすくなったのです。

10年以上実務経験がある准看護師は看護師学校養成所2年課程(通信制)をへて国家試験を受ける資格を得ます。試験に合格すると正看護師になる事が出来るのです。

準看護師免許を取得するために必要な教育についてです。

高卒の准看護師は、准看護師学校(2年間)を卒業し准看護師試験に合格し準看護師になる事が出来ます。

その後看護師学校養成所(2年課程)または看護短期大学(2年課程)をへて看護師国家試験受験資格を得ます。合格すると正看護師になる事が出来るのです。

高卒者は実務経験(3年以上)の必要はありません。

中学卒業者が準看護師になるには、准看護師学校(2年間)をへて准看護師試験に合格すればよいのです。

準看護師免許を取得するための方法は、正看護師と比べると比較的簡単だと言えます。

準看護師免許取得者を募集する職場。

準看護師が職場を探す時には、看護師求人転職支援サイトに登録するとよいです。

看護師求人転職支援サイトでは、自分の希望する条件の職場を探して紹介してくれます。

看護師不足であり看護師の需要が高い現代です。準看護師を募集している職場も多いのです。

看護師求人転職支援サイトに登録すると、条件に合った職場選びをする事が出来ます。

転職サイトランキングを見る