看護師の初任給(年収)、私の時代は・・・

20年前、今の病院に就職した時の私の初任給は手取で20万円だったのです。

平均的な初任給なのか、安い初任給なのかはよくわからなかったです。わからないで就職したのです。

でも職場が家に近かったのです。徒歩で5分も掛からないくらいです。初任給や年収の事より、そのことが一番嬉しかったですね。

家庭をもっていると、職場よりも自分の生活を大切にします。母親だったら当然だと思います。

初任給(年収)が良いか悪いかではなく、ほかの条件が気に入ったのです。今まで継続できているのは年収ではなく、その条件のおかげだと思います。

看護師の初任給(年収)は、求人によって全然違いますよ

看護師の初任給(年収)は職場によって様々に異なります。

大きな病院、クリニック、福祉施設、企業など看護師の職場はたくさんあります。

職場の幅も広く病院ばかりではありません。初任給(年収)が異なるのも当然かもしれませんね。

総合病院の初任給は27万円ほどだそうです。

高校の衛生看護学科をでて、専攻科で2年勉強し、看護師になった場合の初任給は18万円程度だそうです。

初任給の時点で約10万円ほどの差があるんですね。

看護師の初任給(年収)は、仕事内容の割には低いですね

私は20年勤務して手取額は7,8万円増えたのです。

でも高額な給料とは言えないです。かえってその低さに驚いてしまいます。

給料に見合った正当な給料が支払われているとは考えられません。

労働の大変さや、夜勤手当の低さなど他の職場と比較しても満足のいくものではないと思います。

看護師の初任給(年収)は、転職サイトに聞きましょう

看護師転職サービスのサイトを利用すると、希望の職場が見つかりますよ。

勤務に関する希望条件を伝えておくだけです。調べて連絡してくれます。

同じ働くのであれば初任給(年収)の高額な職場が良いですよね。その後の給料にも響いてきます。退職金や年金額にまで影響してきます。

若いときは初任給や年収の事などあまり深く考えずに就職することが多いです。

年齢と共に、この給料の額が自分に適しているかと考えるようになります。

低い金額だと、自分の価値が低いような錯覚に陥ったりします。

希望条件を受け入れてくれる職場に就職できます。その職場を、看護師転職サービスのサイトが探してきてくれます。

あきらめないで希望の初任給(年収)を叶えてくれる職場に就職しましょう。登録すると無料で探してくれますよ。

転職サイトランキングを見る