看護師の労働時間は8時間ですよ?

看護師の労働時間は1日あたり8時間です。夜勤は2日分になるので16時間です。

日勤は昼食時間の1時間が加わり、病院にいる時間は9時間ということになります。一般の会社と同じ労働時間です。それ以上の勤務になると超過勤務です。

私の勤めている病院では、その時間については自己申告です。

超過勤務ノートがあって、そのノートに残業時間を記入します。

夜勤の時の2時間の仮眠時間が取れなかったときは、その2時間を超過勤務ノートに記入すれば良いのです。

看護師は労働時間の超過を申告しない場合も有ります

30分ぐらいの残業ならよくあるので、ほとんどの看護師は記入しません。

1時間になると記入していますね。本当は10分でも記入したら良いのに、そう出来ないところが日本人らしいです。

超過勤務の労働時間に対しては病院ごとに決まりがあると思います。

10分でもきちんと超勤をつけていて、給料に加算する病院ももちろんあると思います。

労働時間は業務によって別々に分かれています。早番は8時から17時までです。遅番は10時から19時までです。

昼食時間も少しづつずらして時間差でとっています。患者さんの食事介助時には何かと仕事も多いのです。

介助者も同じ時間帯に一緒に食事するわけにはいきません。

以前は看護師皆で、患者さんが食事終わってから食事することもできたのです。

今は患者層が変わり看護度の高い患者さんが増えています。

同じ労働時間内で仕事の内容もややこしく又、量的にも多くなってきています。

看護師の労働時間を守るため、業務は工夫されています

一日の流れに沿って番号で仕事内容を分けています。

病院によってそれぞれ工夫していると思います。

例えば1番が早番で早番業務をします。

2番と3番はリーダーで患者さん全体を見て申し送りもします。4番は遅番の業務をします。何もついていない人はフリーです。

そのほかに風呂当番があります。という具合にその日の仕事内容が番号によって違うのです。

どの番もだいたい均等に割り当てられています。でも1ヶ月の勤務表をもらうとじっくり眺めます。つい勤務内容を人と比べてしまいますね。

毎日労働時間をめいっぱい働いています

一日が終わると足がだるくて棒みたいになることがあります。

看護師の労働時間が守られた職場でなければ、転職です

看護師転職サービスのサイトを利用してみませんか?

あなたの希望に沿った職場で勤務することは可能ですよ。

転職サイトランキングを見る