医療処置なしの看護師の職場はありますか?

医療処置なしの看護師の職場はありますか?

「最新の医療設備の整った職場で、バリバリ医療処置などの仕事をしたい」と言う看護師はいます。

反対に看護師でも「医療処置の仕事は好きでない、患者さんの看護や介護を基本に仕事がしたい「」という看護師もいます。

看護師が働くことのできる職場の範囲は広いですが、病院やクリニック以外の職場では、医療処置の仕事をすることが殆どないです。

介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、有料老人ホームやデイサービスなどがそうです。

その他にも、学校や保育所、一般の会社などに医療処置の無い看護師の職場は多いです。仮に、医療処置をすることは有ったとしても、本当に少ないでしょう。

勤務体制にしても、常勤に非常勤、単発の仕事や派遣の仕事などいろいろあります。

看護師転職支援サイトなどを利用すると、より自分に合った仕事を短期間に探すことが出来ます。

看護師が医療処置をしない場合、どんな仕事をしますか?

看護師が医療処置をしない場合、どんな仕事をしますか?

医療処置の仕事をしない場合には、介護の仕事や健康管理の仕事をすることが多いです。

一般の会社や学校などに勤務して、社員や職員、生徒などの健康管理をする仕事もあります。

集団検診の準備をしたり、社員の血液検査などを把握して健康指導を行ったりもします。

介護保険施設などに勤務する場合には、利用者や入所者の健康管理や日常生活の援助をする仕事をします。検診車に乗る仕事は、会社を回って社員の健康診断の仕事をします。

検診車では、血圧を測ったり採血などはしますが、病院で行う医療処置のような密度の高い仕事を行うことはありません。

単調な仕事なので、物足りなく飽きてしまうという看護師もいるでしょう。

デイサービスでは、利用者さんの健康管理の他に、生活の援助をすることもあります。

入浴や着脱の介助や食事の介助、軽い運動をしたりレクレーションを一緒に行うこともあります。

看護師が利用者さんの送迎をする施設もあります。

「医療行為はなくなったけれども、こんな仕事まですることになった」と後悔をすることのないように、施設での看護師の仕事内容を把握して就職するようにしましょう。

看護師で医療処置なしの職場を好む人はいますか?

看護師で医療処置なしの職場を好む人はいますか?

「病院での仕事に疲れ果ててしまった」と言う看護師は、医療処置をすることのない介護施設での仕事を希望する場合があります。

「病院での仕事は充実しているけれども、ゆとりが無くて精神的に疲れてしまった」と言う看護師は少なくありません。

「医療処置の多い職場では、肉体的にもきつい仕事が多く身体を壊してしまった」と言う看護師などは、身体の休養を兼ねて、肉体的にゆとりのある職場での勤務を希望します。

子育て中で家庭と仕事の両立を図っている看護師は、夜勤の無い職場を探します。

身体的精神的休養を第一に考える看護師は、医療行為が無い職場を選択するだけでなく、派遣や単発の仕事など勤務体制についても制限して仕事を探す場合があります。

もちろん自分の希望を一番に考えて、職場を探すのが理想的です。

年齢を重ねて体力や記憶力に自信がなくなった看護師も、医療処置の無い職場の方が働きやすいでしょう。

最近疲れのせいかミスが多くなってきてという看護師も、医療処置の無い職場の方が、精神的に楽に働くことが出来ると考えるかもしれませんね。

看護職から離れて家庭に長く入っていた潜在看護師が、再び看護師として働きたいと考える時があります。

医療処置の無い職場に就職して看護師の仕事に慣れてから、医療処置のある職場に就職する方が看護師としての自信を取り戻しやすいでしょう。

夜勤の無い職場は、比較的医療処置の仕事もない場合が多いのです。家庭で家族を介護している看護師など、看護師にもそれぞれ事情があります。

職場での仕事に全力投球できる人もいますが、肉体的精神的にゆとりを持たせて帰宅しなければんらない看護師もいるのです。

そのような看護師にとって医療処置の無い職場は、働きやすい職場と言えるでしょう。

転職サイトランキングを見る