看護師が午前だけ働くことが出来る職場はありますか?

看護師も、家庭の事情で半日の仕事を探すことがあります。

特に子育て中の場合には、常勤は無理だけれど午前中だけの仕事なら可能だという看護師は多いです。

午前中のみの勤務をする看護師を募集している職場は、転職サイトなどで探すと結構あります。

一般的でもっとも多いのは、クリニックや病院の外来などです。

クリニックや病院の外来では、午前中に集中して患者さんが来院します。

従って、午前中は忙しくても午後からは暇になることが多いので、雇う側も午前中だけのパート看護師の方が都合が良いのです。

午前中だけ勤務できる職場は、クリニックや病院の外来だけではありません。

たとえば、訪問看護師や派遣看護師、献血ルームや健診センターなど仕事内容の異なる職場がいろいろあります。

午前だけの仕事を希望する看護師は、どのような家庭環境ですか?

子供が小さいうちは子育てをしながら、看護師の仕事をすることになります。

常時家族が家にいる場合には、子育てについての負担が少なくなりますから、勤務時間を短縮する必要がないのです。

しかし、核家族の看護師の場合には、勤務時間を短時間にして子供世話をしなければなりません。

子供を幼稚園に迎えに行かなくてはなりませんし、自宅で子供の世話をしなければならないのです。

子供が小学生の低学年の時にも、午前半日勤務が子育ての為には理想になります。常勤勤務の夜勤などは、とてもできません。

そのことを考えると、パート勤務を選択するより仕方がないのです。家庭を持ち子育てをする看護師の、殆どの看護師に訪れる時期なのです。

子育てと仕事を両立するためには、看護師としての勤務時間を調節することが最善の方法になるでしょう。

午前のみ仕事をする職場では、看護師はどのような点に注意が必要ですか?

午前のみの勤務であることを契約して就職しても、実際には時間外勤務が殆どだという場合があります。

無理して勤務をしていても、長く続けることが出来なくなり、結局退職するという結果になることもあります。

そのようなことにならないように、契約時にはしっかり勤務時間について確認しておかなければなりません。

外来勤務をしていても訪問看護の仕事をしていても、仕事が提示に終わることは少ないのです。

患者さんの状況により仕事が長引くことは目に見えています。そのような時にも、常勤の看護師がしっかりフォローしてくれる職場であるかどうかは大切なことです。

パートの看護師が定時に仕事を終えることが出来るように、常勤の看護師がパート看護師をサポートするシステムになっている職場であれば問題ありません。

また子供の成長に合わせて、勤務時間を午前中だけの勤務から徐々に延長していくことが出来る職場であれば理想的ですね。

勤務時間が変わるからと言って、また次の職場を探す必要がなくなります。勤務時間の変更について融通が利くかどうか、についても就職前に確認しておくと良いでしょう。

勤務時間が変わっても、慣れた職場で引き続き勤務することが出来ることは、看護師の精神的疲労を最小限にとどめることが出来ます。

慣れた職場で経験年数を積むことは、看護師にとっても有利になるでしょう。

午前のみの看護師の仕事は忙しいですか?

外来患者さんが午前中に集中するために、看護師の手が足りなくてパートを募集している職場が多いです。

仕事は忙しいでしょうが、同じ内容の仕事内容であるために、慣れるとそれほど負担になることはないでしょう。

忙しくても午前中だけの勤務だと考えると我慢や辛抱はできますね。クリニックや病院の外来以外の職場では、午前中だけの勤務でもそれほど忙しくない職場もあります。

看護師転職支援サイトなどで勤務時間や仕事内容について調べてみると良いです。

看護師を募集している職場は多いですから、仕事内容が自分に合った、無理のない職場を選択することも可能です。

転職サイトランキングを見る