看護師の呼吸器科での仕事、特徴は何ですか?

呼吸器科で扱う疾患には、気管支炎や肺炎、肺ガンや気管支喘息などがあります。

呼吸器にかかわる病気に関して、専門的な治療をする診療科目で、呼吸器や肺に関わる病気は呼吸器科で治療します。

最近では慢性呼吸不全の疾患が多く、そのために退院後も酸素吸入を除外した生活ができなくなっている人は少なくありません。

確かに、町でよく酸素ボンベをもって酸素吸入をしている人を見かけますが実際に、どこへ行くにも酸素ボンベと一緒という人が増えてきています。煙草を長期間吸う人が、多く罹患する疾患です。

また、寝ている間に呼吸していない状態になる無呼吸症候群という疾患にかかっている人も少なくありません

体質的なことがあり、痩せている人には少ない疾患です。

呼吸がしずらかったり、咳が止まらないというような症状の時には呼吸器科を受診するとよいです。

呼吸器科の治療には内科的なものと外科的治療があります。

インフルエンザに罹患した時も呼吸器科で治療しますから、呼吸器科では季節によってはすごく受診者が多くなるということが言えます。

呼吸器疾患の中には日常の生活習慣を変えるだけで、呼吸器疾患を患わない場合もあります。

予防ができる診療科でもありますから、看護師の仕事としては生活指導をすることも役割の一つです。

看護師が呼吸器科で働く看護師の仕事は?

呼吸器科の看護師の仕事は、疾患の治療のために入院している患者さんの日常生活の援助です。

診療補助の仕事やバイタルチェック、点滴や食事介助排せつ介助入浴介助清拭介助、移動移行介助、ADL維持のための看護をします。

看護計画を立てて、それぞれの患者さんに合わせた看護がチームで行うことができるようにします。

患者さんが退院するときには、呼吸管理がうまくできるように生活指導などを行います。

呼吸器科では他に慢性の疾患を抱えた高齢者も多く入院しています

呼吸器科の疾患によくない影響を与える日常生活習慣に関しては、看護師は修正するように指導していかなければなりません。

そのためにも呼吸器科の疾患について、より専門的な知識を身に着けていかなければならないでしょう。

コミュニケーションを良好に保っておくことで患者さんとの間に信頼関係ができ、退院時などの指導もスムーズに行うことができるということはあります。

他の診療科と同じように看護師は、コミュニケーション能力の優れていることが求められます。

呼吸器科にもガン末期の患者さんは入院しています。

患者さんの精神的看護をしなければならないことが、呼吸器科に勤務する看護師にとっては重要な役割ですね。

患者さんとともに、その家族への精神的ケアももちろん必要です。

看護師が呼吸器科で働くメリットはありますか?

呼吸器科は気管や肺、胸郭や胸膜などの呼吸器に関わる疾患の治療を行う診療科です。

益々高齢化していく日本の現状では、呼吸器科の必要性もまた増していくでしょう。

難聴なども併せ持つ高齢者が多い呼吸器科で看護することで、看護師のコミュニケーション能力はますます磨かれるでしょう。

ガン末期の患者さんも入院しています。終末期の患者さんの場合には、呼吸困難や疼痛などを伴うことが多いのです。

患者さんやご家族の方への精神的なフォローや対応の仕方も上達し、その能力は経験とともにますでしょう。

呼吸器科の専門知識を深めることにより、生活指導の重要性についても学ぶので、呼吸器疾患の患者さんを身近から出すことが避けられます。

例えば夫や親などの家族に、たばこの害の大きさを伝え喫煙を止めさせることができ、結果的に慢性呼吸不全を患う家族を救うことができるという具合です。

家族や身近な人たちに、呼吸器疾患についての保健指導をすることができるのです。

また食生活に注意し、食生活の習慣を改めることで体質改善することに成功し、無呼吸症候群などの疾患にかからないように保健指導することもできます。

転職サイトランキングを見る