地元で転職する看護師はいますか?

もちろん都会での生活が好きで、都会の病院を探して転職する看護師はいます。

しかし、わざわざ都会で転職するのではなく、地元に戻って転職する看護師もいます。

自分の生まれ育った地元の方が、患者さんの人間性なども理解しやすく看護がしやすいということがいえます。

慣れ親しんだ環境の中で生活する方が、肉体的にも精神的にも楽で、病気になりずらく仕事もしやすいということも言えます。

勤務する医療機関についても、地元の施設の方が評判も知っているので、転職先を選びやすいといえるでしょう。

地元で転職する方が見知らぬ都会で転職するよりも有利なことが多いのです。

親の勧めもあり、地元に戻って転職をするという看護師はいますね。

しかし、自分の地元があまりに辺鄙なところである場合には、地元に戻らずに就職した病院のある地域で家庭を持ち、ずっと生活をするという人もいます。

地元で転職する看護師の利点は?

普通に考えても自分の生まれ育った地域で看護師として働き、地元に貢献できるというのはうれしいことですね。

地元ですからその地域の地名や特産物、地域の人たちの人情や人間性、地域の特徴や状況なども自然と知っています。

地元の病院で働くということだけでも、離れた都会で働くこととは違いますから、両親や家族は安心できるでしょう。

地元で働く看護師自身も、時には職場で知人に会うこともあり、まったく知らない土地で働くのではないことを認識し心にゆとりを持つこともできます。

自宅近辺の病院で働くと、患者さんや外来の人たちの中により多くの知人を見つけて「本当に地元に帰ってきたんだなあ」という実感がわきます。

患者さんやその家族にとっても、知人の娘や娘の友人が看護師として勤めている病院というだけで、親しみがわいてくるでしょうし安心して入院もできるでしょう。

親戚や家族に何かあった時には、地元で働いているとすぐに駆けつけることができます。電車や飛行機を乗り継いで、実家に戻る必要はありません。

また自分が病気になった時のことを想像しても、家族がそばに居るというだけで安心して生活ができますね。

地元で働くと決めた時に、勤務する病院を選択することは容易です。

知人などの情報を豊富に得ることができますから、予備知識があるために勤務する病院の選択を誤るということを避けることができます。

「どこの病院が景気が良さそうだ」とか「どこの病院の勤務がきつそうだ」とか「どこの病院は評判が良い」ということを前もって知ることができます。

それらの情報は、ハローワーク看護師転職サイトよりも確かかもしれませんね。

看護師が地元で転職する理由は?

看護学校を卒業すると都会の病院で働いてみたいと考える若い看護師は少なくありません。

看護学校を卒業した手でなくても、都会の病院の方が給料が良いということを聞くと、やはり給料の良い職場で働きたいと考えて都会の病院に転職する看護師もいます。

都会で働くことで、看護師として働きながら休日にも面白いことをたくさん経験できそうな予感がするのですね。しかし、そんな看護師たちも数か月か数年後には、再び地元に戻って働いている場合が少なくありません。

「慣れない都会の生活に肉体的にも精神的にも疲れてしまった」という看護師もいます。「人が多すぎて人間関係につかれてしまった」という看護師もいます。

「自然の中で健康的な生活がしたい」という看護師もいます。「両親がさみしがるので戻ってきた」という看護師もいます。

結婚を機に地元に戻ることにした」という人もいます。「病気の親の看護の為に地元に戻ってきた」という人もいます。

看護師のキャリアアップを目指して都会に出た看護師の中には、出世をしてずっと都会で生活する人もいます。

しかし、看護師を取り巻く環境によってさまざまに異なりますが、地元に戻ってきて看護師をする人は少なくないのです。

転職サイトランキングを見る