夜勤専従看護師の特徴についてです。

夜勤専従看護師は、夜勤ばかりを専門にして働く看護師の事を言います。
看護師の給料は、一般の会社に勤める女性の給料よりも比較的高額なのです。


看護師の仕事は、昼夜問わず労働時間が長いのです。
看護師の職場は病人が治療するところですから、感染のリスクが高い環境での仕事なのです。

勤務条件を考えると、一般女子よりも高額な給料になるのは当然です。
それに伴い夜勤の手当も高額な医療機関が多いのです。

都会の医療機関と地方の医療機関とを比較すると、都会の方が一般に高額です。
大きな病院や公立の病院、私立の病院など病院の規模によっても夜勤手当は異なります。

夜勤専従看護師の現状についてです。

病院の経営状態の善し悪しによっても夜勤手当は異なってきます
私の勤める地方の病院では、1回の夜勤手当が7000円です。
地方の病院の中でも、普通の病院の夜勤手当と比較すると低めの金額です。


病院によって、勤務体制が2交代制3交代制の病院があります。
2交代制の方が長時間勤務であり身体的に疲れますが、
夜勤手当が勤務時間にともなって多くなるという事はないようです。


私の勤める地方の病院では、勤務体制は2交代制なのですが、夜勤手当は低めなのです。
地方の病院であっても、病院によっては1回の夜勤手当が2万円の所もあります。

夜勤専従看護師の職を希望する看護師は、一般に若い独身の看護師に多いです。
看護師が家庭を持つと
1カ月に数回の夜勤でも子育てなど生活に支障をきたし、不都合に感じる事があるのです。


夜勤専従看護師は、独身の看護師でなければとても勤まりません。

夜勤専従看護師として就職するために必要な事です。

看護師求人転職支援サイトに登録する事は必要です。
同じ夜勤専従の仕事でも、より条件の良い職場を探してくれます。

給料や時間や休日など、自分の希望する条件にそった職場を探す事が出来ます。
条件に合った働きやすい職場で働く事が出来ます。

夜勤は、夜間起きているだけでも身体に負担がかかる肉体労働です。
特に給料の面だけでも、納得できる職場で働きたいものです。


夜勤専従看護師は、夜間の仕事内容を十分把握してから就職することが必要です。
重症の多い病院や介護度の高い職場では、急変する患者さんが多いのです。

場合によっては一晩中動きっぱなしで朝にはクタクタになる事もあります。
看護師求人転職支援サイトでは、自分の希望する勤務条件の職場を紹介してくれます。

転職サイトランキングを見る