看護師の夜勤手当は求人によって2倍も3倍も差が出ています

看護師の夜勤手当は病院によって違います。二交代、三交代の勤務体制によっても異なります。

私の勤めている病院では、二交代勤務です。

夜勤手当はもう何年も前から7000円です。

夜勤手当は、平均的には1回に4000円~6000円程度といわれています。

この金額は、三交代制の医療機関や病院の場合の夜勤手当です。

三交代制は二交代制の半分の労働時間です。ですから二交代制で7000円は夜勤手当にしては低金額です。

看護師の夜勤手当が二万円の求人もありますよ

二交代制での夜勤手当の平均は10000円位でしょうか。アルバイトの夜勤手当は20000円もするところがあるそうです。

でもアルバイトで夜勤をするということは日勤の仕事をしていないわけです。

患者さんを把握する時は、日中の様子も知っておく必要があります。

その日中の様子を理解しないで夜勤の仕事に就くわけです。

患者さんを部分的にしか把握していないことになります。

夜勤の仕事をする時には、患者さんの情報の少ない分だけ不利になります。

だからアルバイトの夜勤手当は高額なのでしょうね。給料を沢山欲しい看護師は、夜勤の回数を多く希望したりします。

1ヶ月8回ほどの夜勤回数が、三交代の病院では普通です。

看護師の夜勤手当は、やはり魅力的ですね

夜勤手当を1回5000円としても40000円になります。これは結構大きいです。

基本給に夜勤手当が40000円もプラスされるのです。

労働条件はともかくとして、手当だけ見ると魅力的な金額です。夜勤は辞められなくなりますね。

若い看護師なら、夜勤を苦痛だとは思わず率先して希望を出すでしょう。

でも中高年になるとそうはいきません。いくら夜勤手当が高額だとしても夜勤は嫌ですね。

健康はお金では買えないのです。

夜間に寝ないで起きていることだけでも寝不足で疲労感があるのです。

起きているだけではなく労働しているのですから、体にとっては不自然極まりないです。

私は60才の看護師です。まだ月に3回夜勤をしています。

夜勤手当は1ヶ月21000円です。でもそろそろ夜勤を辞めたいと考えています。

看護師で夜勤手当を沢山貰いたい方は、ここがお勧めですよ

看護師転職サービスのサイトを利用してみると良いです。

勤務条件を伝えておくと、自分の希望する職場を紹介してくれます。

転職サイトランキングを見る