大病院看護師の特徴についてです。

大きな病院で働く看護師は、本当に看護師の仕事をする事が出来ます。

小さな病院では、事務の仕事や検査技師の仕事、それに看護師とは関係の無い雑用の仕事もする事があります。

小さな病院では看護師の仕事ではないと考えられる仕事もこなさなければなりません。

看護師の仕事の他にも、何でもできるようになる利点があるかもしれません。

看護師として働き、看護師の仕事を深くしていきたい時には大きな病院の方が適しています。

看護研究や看護学会の出席なども、大きな病院の方がより多く参加できる機会が与えられます。

診療科の他にも検査、薬剤師やレントゲン、リハビリなどに関わる医療関係者との交流も図る事が出来ます。

大きな病院には患者さんや外来者、職員の為に日常生活に必要な店などを院内に設けられている事が多いです。

理髪屋さん、郵便局や銀行、スーパーマーケットや食堂、喫茶店まであるのです。

勤務の為に生活に必要な用事が出来ない時には、昼休みなどに病院内で済ますこともできるのです。

病院の敷地内に保育所が設置されていたり、院内に保育所を設けている病院もあるのです。

子供を持つ看護師にとっては働きやすい条件がそろっています。

大病院看護師の仕事についてです。

勤務異動が毎年あります。自分の希望する診療科があれば、看護師長に伝えておく事が出来ます。

希望する診療科へ配属されることもあります。大きな病院ですから職員も多いわけです。

病院で決められた規約に従い年休や休日なども、小さな病院のように忙しいからという理由で拒否することもないのです。残業手当もしっかり要求する事ができます。

職場の環境を働きやすく整えてくれるように、病院側に要求する事も出来ます。

大きな病院の場合には組合などもある事が多いのです。大きな病院では職員の数が多いですから、同一の趣味を楽しむグループが出来ることもあります。

別の病院で働く私の知人はテニスサークルに所属していて楽しく活動していると言っていました。やはりそこは県内でも有数の規模の大病院なのです。

大病院看護師として働くために。

しかし大病院であるからといって、必ずしも勤務条件が良いとも限りません。大病院で看護師として働く時には、適切な条件の病院を探さなければなりません。

看護師求人転職支援サイトでは、登録するだけで自分の条件に合った職場を探して紹介してくれるのです。

まだ現在の職場に辞めると伝える前でも、登録しておけば良いのです。あなたは通常通り働きながら結果を待つのです。

好きな診療科の選択、勤務条件、立地条件などを伝えておきます。

給料や休日なども要求する内容を伝えておきます。自分のライフワークに合った職場で働く事が出来るのです。

転職サイトランキングを見る