大阪市立総合医療センターの看護師求人を探している方は、求人を探す前に大阪市立総合医療センターについて、そこで働く看護師の勤務体制や待遇、教育制度、採用試験について調べる必要がありますよ。

大阪市立総合医療センターの看護師求人を探す前に、大阪市立総合医療センターについて知りましょう

大阪市立総合医療センターの看護師求人を探す前に、まずは大阪市立総合医療センターについて知りましょうね。

大阪市立総合医療センターは、地方独立行政法人大阪市民病院機構の病院の1つで、以前は大阪市直轄の病院でしたが、現在は独立行政法人化しています。

大阪市民病院機構には大阪市立総合医療センター以外に十三市民病院と住吉市民病院がありますが、大阪市立総合医療センターはほかの2つの病院に比べて、最先端で専門的な医療を提供している高機能の病院であるという特徴があります。

救命救急センターを有していて、さらに総合周産期母子医療センターや小児がん拠点病院、がん診療連携拠点病院、感染症指定医療機関、災害拠点病院の指定を受けています。

また、がん、心疾患、脳血管疾患の三大疾患に高度な医療を提供できるように、内科・外科の垣根を越えて臓器別センターを作っているという特徴もあります。

大阪市立総合医療センターは、医療に関する大阪市民のあらゆるニーズに応えられるようにしているのですよ。

大阪市立総合医療センターの看護部では、急性・重症患者看護専門看護師など5分野の専門看護師、感染管理認定看護師など13分野の認定看護師が活躍していて、さらにHIVコーディネーターナースや移植コーディネーターも活躍しています。

大阪市立総合医療センターの看護師求人を探す前に、看護師の勤務体制や待遇を知りましょう

大阪市立総合医療センターの看護師求人を探す前には、大阪市立総合医療センターで働く看護師の勤務体制や待遇をチェックしておきましょう。

大阪市立総合医療センターの看護師の勤務体制

大阪市立総合医療センターの看護師の勤務体制は、病棟や部署によって2交替制なのか3交替制なのかが変わります。

<2交替制>
・日勤=8時30分~17時
・遅出=11時~19時30分
・夜勤=16時15分~9時15分

<3交替制>
・日勤=8時30分~17時
・準夜=16時~0時15分
・深夜=0時~9時

この勤務時間は一例なので、病棟や部署によって勤務時間も異なるようです。

大阪市立総合医療センターの看護師の給料

大阪市立総合医療センターの看護師の給料はどのくらいなのでしょうか?

<大阪市立総合医療センターの新卒看護師の給料>
・看護師:月収26万9910円(基本給22万3990円、夜勤手当4万5920円)
・助産師:月収27万2820円(基本給22万6780円、夜勤手当4万6040円)

このほかに通勤手当や扶養手当、住居手当、残業手当などがつきますので、大阪市立総合医療センターの新卒看護師の給料は、月収30万円弱となるでしょう。

看護師経験がある人には、基本給に経験加算がありますよ。

<経験加算の具体例>
・新卒看護師の基本給=22万3990円
・経験3年=23万2340円
・経験5年=24万2780円
・経験10年=25万9020円

経験に応じて経験加算があるのは、とてもうれしいですね。大阪市立総合医療センターのボーナスは4.2ヶ月分となっています。

大阪市立総合医療センターの看護師の年間休日

大阪市立総合医療センターの看護師の休日は、4週8休です。さらに、国民の祝日分と年末年始休暇、夏季休暇(5日間)がありますので、年間休日は130日前後となるでしょう。

これだけ年間休日が多ければ、メリハリをつけて、長く勤めることができますね。そして、大阪市立総合医療センターは、有給休暇の消化率が48.1%となっています。

有給休暇は年間20日間が付与されますので、有給消化率を考えると、実質の年間休日は140日程度となります。看護師なのに140日も休めるというのは、非常に恵まれていると言えるでしょう。

大阪市立総合医療センターの福利厚生

大阪市立総合医療センターには、独身寮や院内保育所があります。院内保育所は週2回は24時間保育を行っていますので、ママさん看護師でも夜勤に入ることができるのですよ。

このほか、選択型福利厚生事業や会員制施設、特定割引施設などがあります。

大阪市立総合医療センターの看護師求人を探す前に、教育制度を知りましょう

大阪市立総合医療センターの看護師求人を探す前に、看護師の教育制度も確認しておきましょうね。

大阪市立総合医療センターでは、経験年数に応じて受ける経年研修がとても充実していますよ。新人看護師から経験7年目以上まで、それぞれのレベルに応じた研修、必要な研修が用意されています。

また、専門・選択研修も充実していて、専門看護師や認定看護師が中心になって企画している、幅広い専門的な研修を受けることができます。

感染管理、急性期看護、リエゾン精神看護、周術期看護、がん看護、看護管理、NST、がん化学療法看護、人工呼吸器ケアなど、まだまだたくさんあるのです。

さらに、大阪市立総合医療センターでは認定看護師育成支援制度があり、希望者の中から毎年3~4名の看護師を選んで、受講費用を助成してくれたり、受講中のお給料を支給してくれるのです。

将来的に認定看護師の資格を取りたい人は、早めに大阪市立総合医療センターに転職すると良いかもしれませんね。

大阪市立総合医療センターの看護師求人を探す前に、採用試験を知りましょう

大阪市立総合医療センターの看護師求人を探す前に、採用試験もチェックしておきましょうね。

大阪市立総合医療センターの採用試験は、独立行政法人大阪市民病院機構としてのものになりますので、採用試験に合格しても、必ず大阪市立総合医療センターに配属になるとは限りませんので注意が必要ですよ。

大阪市立総合医療センターの採用試験は月に1回のペースで計画されています。ただ、合格者数が募集人数に達した場合は、その時点で採用試験が打ち切られてしまいますので、大阪市立総合医療センターで働きたい看護師さんは、早めに採用試験を受けたほうが良いでしょう。

採用試験は、書類審査の後にWeb上で適性検査を受け、さらに採用試験当日に小論文と面接の試験を受けることになりますよ。

大阪市立総合医療センターの看護師求人を探す前に知っておくべき4つの情報をまとめましたが、いかがでしたか?

大阪市立総合医療センターで働きたいと思っても、同法人内の違う病院に配属になる可能性があるのは、ちょっと心配ですね。

それなら、採用されれば確実に希望した病院で働けるほかの総合病院を探したほうが良いかもしれません。

大阪市立総合医療センターと同じような機能を持つ総合病院を探すなら、転職支援サイトを利用すると良いですよ。

転職支援サイトなら、担当コンサルタントに「こういう病院で働きたいんです」と伝えれば、その条件に合う総合病院の求人をピックアップしてくれるのです。

その求人を見て、大阪市立総合医療センターにチャレンジするかどうかを決めると良いと思いますよ。

転職サイトランキングを見る