看護師と子育てを両立する人は多いですよね?

子育てをしながら看護師として働いている人は結構いると思います。

子育てと仕事の両立は、予想外にたいへんです。

私は2才違いの子供たちを子育てしながら働いた経験があります。

月末に日曜日の勤務が何回あるか、まず確認したものです。

日曜日には保育所が休みなので、子供をどうしようかと考えます。

誰に、どこに預かってもらえるかを夫婦で考えます。

両親が近所に住んでいるか、同居していたらそんな心配は要らなかったと思います。

残念ながら私達夫婦は親類も近所にいなかったのです。子育てで頼れるところがないのは不安なものです

日曜日勤務の職場を退職することを、その時は考えなかったのです。

看護師は子育てに合わせて転職しておくべきです

もっと勤務条件の良い職場を探すことをやればよかったのです。

結局、看護師仲間で同じような環境の人を探し、交代におたがいの子供たちを預かることにしたのです。

勤務条件を変えようとはせずに、自分たちが変わろうとしたのです。今なら子育てのために勤務条件をよくすることを考えますが、当時は若かったのです。

病院の近くに保育所があったので助かりましたね。

病院の敷地内に保育所がある職場がありますが、そういう職場は看護師にとってありがたいですね。

保育所の送迎も楽ですし、子供が近くにいるという安心感があります。

看護師で子育ての為に転職する人は多いのです

子育てのために勤務する病院を自宅や保育所の近くにかえる看護師もいます。

看護師として働くことよりも、子供中心に生活することを選択する時期だと思います。

子育てをしながら看護師を続けるには、夫の理解と協力が絶対必要です。それでなければ看護師を続けられません。

両親と同居している看護師は家族の理解と協力が必要です。

それさえあれば子育てのために退職を考える必要はありません。

病院側の子育てに対する理解と支援があると有難いですね。夜勤の回数を減らしてくれるとか、休日の日勤をなくしてくれると助かります。

以前は夜勤をしない看護師パート扱いの病院も多かったのです。最近では、夜勤をしなくても常勤扱いにしてくれる病院も増えています。

子育て中の看護師には嬉しいことです。子育てをしながら看護師を続けるときはそんな病院で働きたいですね。

看護師と子育ての両立に悩んだら、求人サイトに相談です

看護師転職サービスのサイトを利用すると良いです。子育て支援してくれる病院も探してくれます。

希望の勤務条件を伝えると、適切な病院を探して知らせてくれるのです。

転職サイトランキングを見る