看護師の平均勤続年数は何年?求人の働きやすさの指標です

看護師の平均勤続年数は何年?求人の働きやすさの指標です

看護師の平均勤続年数は何年なのでしょうか。

皆が長く働いている職場は、働き易いという事でしょう。

看護師の平均勤続年数は、どのくらいか知っていますか?

看護師の平均勤続年数は、約7年だそうです。

全職種の平均勤続年数は約9年だそうですから、看護師の場合2年も短いということです。

同じ職場で7年くらい勤務し、退職してしまうということです。

考えられることは、7年頑張ったけれども結局自分には向いてない職場だったということです。

看護師の平均勤続年数が低いのは何故でしょうね?

自分の働き続けることができる条件と、職場の勤務条件が異なっていたということになります。

看護師を取り巻く環境が以前と変化したため、職場の勤務条件に合わなくなったのかもしれません。

不規則な生活と両立できないのかもしれません。

勤務移動などで、同じ病院でも病棟が変わることもあります。平均勤続年数低下の一因ですね。病棟が変わると、人間関係も一変します。

またはじめから、良好なコミュニケーションを取れる環境を作らなければなりません。

患者さんを覚え、気を遣わなくてはなりません。

勤務移動の時期になると、スタッフはビクビクものです。

誰でもせっかく慣れた職場から、他の病棟へ移動したくはありません。

無理して自分を病棟の雰囲気に合わせている場合は、勤務移動を待つかもしれません。

私もありましたね。病棟の雰囲気が自分に合わなくて、変わりたいと思っていたのです。

看護師長に通じたのか、次の移動の時にほかの病棟に回されて安堵したことがあります。

看護師の平均勤続年数は、あくまで求人の参考ですね

自分を飾らないで素直に出せる職場で働くのがいいです。

平均勤続年数の低い職場よりは高い職場のほうが自分らしい看護ができます。

あなたも働きやすい職場で働くほうが幸せだと思います。我慢していたのではストレスの原因になります。

苦痛のない職場で働きたいものです。

体に自信のない看護師は病院よりも施設の方がむいているかもしれません。

忙しい大きな病院で働いていた友人の看護師が、職場をやめたという噂を聞いていたのです。この間ばったり合ったのです。

楽な職場に変わったということで、とても元気そうだったのです。

そこは施設で、仕事はプランも実施もヘルパーさんが殆ど行なっているそうです。

看護師は部屋に座っていて、時々呼ばれるだけだというのです。そこの平均勤続年数は長いようでした。

本当に看護師の仕事をしたい人には向いていない職場ですが、彼女にはあっていたのでしょう。

看護師の平均勤続年数は求人サイトに調べてもらいましょう

同じ看護師業務でも職場によって違うものですね。

看護師転職サービスのサイトを利用して、あなたも自分に合った職場を探してみませんか?平均勤続年数アップに協力できそうです。

マザーナースイチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

こちらもおすすめ

【マザーナース】

マザーナースは「看護師の仕事を何でも解説!」をテーマに制作しているWEBサイトです。現役看護師(マザーナース「キヨミ」)、転職エージェントOG、WEB担当3名による編集チームです。

運営者情報 | マザーナースとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる