急性期病院の看護師の仕事は?

急性期病院とは、急性疾患や慢性疾患の急性憎悪などで緊急な状態にある患者さんが入院します。

急性期病院は、手術や検査など高度で専門的な医療を提供する病院です。

急性期病院では予断を許さない事態が続き、患者さんによっては死に直面する場合もありますから、スタッフは常に緊張感を持っています。

看護師としては、集中力と精神力、また状況対応力や判断力が必要です。

また臨機応変に対応しなければいけない状況が多々ありますので、経験や実践力が求められます。

急性期病院で働くことは、看護師にとって知識やスキルを身に付けるために大いに役立ちます。

しかし当然ながら、肉体的精神的に看護師にとって過酷な職場でもあります。

多忙で肉体的につらい職場ではありますが、同時にスキルアップにつながるやりがいのある職場にもなり得るのです。

看護師として若い時に救急病院勤務を経験しておくと、将来どこの職場に就職してもきっと役立つことでしょう。

そのスキルは自信につながり、看護師として精神的に余裕を持って看護の仕事を続けることができるでしょう。

急性期病院の看護師のメリットとデメリットは何ですか?

急性期病院の看護師のメリットは、スキルアップをすることができるということです。

救急患者さんが多いので、仕事は忙しいかもしれませんが、看護師としての知識を深めることができます。

急変対応や時間外勤務などもあり、精神的にも肉体的にもハードな環境である場合が多いでしょう。

しかし、そのぶん短期間で数多くの症例経験を積むことができますから、看護師としてのスキルを高めることができます。

休日出勤や時間外勤務などがあり、仕事はつらいかもしれませんが、それよりもやりがいや面白さを感じるという看護師もいるでしょう。

難しい疾患の患者さんは救急病院を受診しますから、短期間に数多くの症例の勉強をすることができるでしょう。

結婚していない若い看護師は時間に縛られませんから、好きなだけ知識を吸収できるということが言えます。

常に緊張感を持って仕事をしなければなりませんが、職場の雰囲気は充実感や活気があって気持ちが良いかもしれませんね。

急性期病院の看護師のデメリットは、看護師として患者さん一人一人とコミュニケーションが取りづらいということです。

丁寧に患者さんと関わることができない、一人一人に向き合った看護ができないということも言えます。

急性期病院では、急変対応や救急搬入などの業務の特性上、どうしても看護師の時間外勤務や休日出勤などが増えます。

その分、自分の時間を大切にできない、またプライベートの時間が確保しづらいということがいえます。

結婚し家庭を持っている看護師はどうしても時間に縛られるので、急性期病院は適していないかもしれません。

急性期病院で勤務すると、肉体的ばかりではなく精神的な負担もあって厳しいという人もいます。

労働環境はよくなく、そのうえ勉強などの為に休日のプライベートの時間も削られることがあるからです。

急性期病院に適している看護師とは?

「急性期病院は仕事がきつそう」という理由だけで、急性期病院への転職を諦める必要はありません。

最近では、看護師の確保に向けて残業を減らすために業務分担を進めたり、院内に保育所を設置して、子育てが必要な看護師の受け入れ体制を整えたりしている急性期病院もあります。

様々な工夫をして、労働環境の改善に努めている救急病院も少なくないのです。

未婚でバリバリ働きたい看護師には適しているでしょう。

独身の看護師は、家庭を持っていないので時間に縛られることもないでしょうし、知識を貪欲に求めている年代でもあります。

確かに、急性期病棟の特徴としては、若手の看護師が多いという点も挙げられています。

中高年であっても、看護師としてスキルアップをしたいと望んでいる看護師であれば、急性期病院で働いてみるべきでしょう。

仕事は忙しくても、充実感や満足感を得ることはできるでしょう。

あなたの状況に合った急性期病院の求人を見つけて貰うには、看護師転職サイトを利用するのが良いでしょう。あなたはただ、希望を伝えて待っていれば良いのです。

転職サイトランキングを見る