急性期看護の特徴は?|仕事内容・役割・魅力・向いてる向いてない性格

急性期看護の特徴は?|仕事内容・役割・魅力・向いてる向いてない性格

「急性期看護の特徴って何かしら?急性期病棟で働いてみたいのだけど」

「急性期看護の特徴や魅力を知りたいわ」

 

あなたは急性期看護の特徴を知りたいのですね。

そんなあなたのために、今回は急性期看護の特徴を様々な角度から検証していきますよ。

急性期看護の2つの特徴

急性期看護の特徴は、次の2つがありますよ

 

この2つについて詳しく説明しましょうね。

 

患者さんの重症度が高い

急性期看護では患者さんの重症度が高いです。

そのため、看護師は医療行為が多く、さらに全体的な仕事量が多くなるのですよ。

重症度が高いといつ急変するかわかりませんから、観察力が必要ですし、テキパキとした動き・スピードなども求められますね。

 

入退院の回転が速い

急性期看護の現場では、入退院の回転が速いです。

在院日数が短く、入院後すぐに回復して、わずか数日で退院していく患者さんも少なくありません。

そのため、アナムネを取る回数も多いですし、看護目標・看護計画の立案・修正もスピーディーに行う必要があるのですよ。

 

また、患者さんの在院日数が短いために、じっくり向き合った看護はできないことも、急性期看護の特徴ですね。

ある意味、短期集中型・一期一会の看護が急性期看護の特徴と言えるのです。

 

急性期看護の特徴を多角的に分析していきますよ

急性期看護の基本的な特徴は、

  • 患者さんの重症度が高い
  • 入退院の回転が速い

この2つでした。

 

これらを頭に入れて、急性期看護の特徴を多角的に分析してきましょう。

そうすれば、急性期看護の特徴がより鮮明に見えてくると思います。

 

急性期看護の仕事内容の特徴

急性期看護の特徴、まずは看護師の仕事内容からです。

 

  • バイタルサインのチェック
  • 点滴など薬剤の投与
  • 人工呼吸器や輸液ポンプなど医療機器の管理
  • オペ出し、検査出し
  • 患者さんの全身管理
  • 日常生活援助
  • 看護計画の立案や修正

 

これらが基本的な急性期看護の仕事内容の特徴ですね。

より具体的に言うと、

 

  • 医療機器の操作・管理が多い
  • 急変対応が多い
  • オペ前後の看護が多い(外科系のみ)
  • 医療行為が多い

 

これらが特徴的だと思いますよ。

 

急性期看護は、とにかく仕事量が多いですね。

緊急オペや急変、緊急入院などのイレギュラーなことも多いので、物事が時間通りに進まず、常に時間に追われながら、看護師は仕事をしなければいけないのです。

 

急性期看護における看護師の役割の特徴

急性期看護における看護師の役割の特徴は、

 

  • 異常の早期発見
  • 家族や患者の精神的なケア
  • チーム医療の調整役

 

この3つですね。

 

急性期の患者さんは状態が刻一刻と変わり、急変することも多いですから、急性期病棟の看護師は常に観察を怠らず、医師に的確な報告をする必要があるのです。

 

また、急性期看護では患者や家族の精神的なケアも重要ですよ。

特に、緊急入院後・オペ前後は患者も家族も不安でいっぱいですから、看護師が精神的なケアをしていく必要があるのです。

急性期では医師や看護師以外にも放射線技師や検査技師、薬剤師等多職種で治療を行いますので、調整役を担うことが多いです。

 

急性期看護の魅力ややりがいの特徴

急性期看護の魅力ややりがいは、患者さんの回復を実感できるところですね。

急性期看護では患者さんは重症ですが、どんどん回復していきますので、自分が行った医療行為・看護の成果を実感することができるのですよ。

 

急性期看護のメリット・デメリットの特徴

急性期看護のメリット

  • 看護スキルが身につく
  • 急変対応に自信が持てる
  • 転職先の選択肢が増える

 

急性期看護のデメリット

  • 勉強が大変
  • 患者さんの命を預かるプレッシャーがある
  • 体力的にも精神的にもハード

 

急性期看護に向いている性格・向いてない性格の特徴

急性期看護に向いている性格

  • 体育会系のさっぱりした性格
  • テキパキしている人
  • 看護師としてスキルアップしたい人
  • 気持ちの切り替えが得意な性格
  • 体力的に自身がある人

 

急性期看護に向いてない性格

  • 1人1人の患者さんにじっくり向き合いたい人
  • おっとりしていてテキパキ動くのが苦手な人
  • 感情移入してしまう性格
  • スキルアップよりも現状維持が良い人

 

急性期看護の特徴を見て転職したくなったら転職サイトを利用しましょう

急性期看護の特徴を説明してきましたが、

「私、急性期看護にチャレンジしたい!」

と思ったなら、急性期看護が実践できる職場に転職しましょう。

具体的には、急性期病院・急性期病棟ですね。

 

転職サイトには急性期病院・急性期病棟の求人がたくさんありますので、あなたの希望に合った求人を紹介してもらえます。

マザーナースイチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

この記事を書いた人

マザーナース「キヨミ」

  • 取得資格:看護師、ケアマネージャー
  • 出身:富山県
  • 年齢:61歳
  • 看護師経験:呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系はほぼ全て

私は数十年の看護師経験を経て、60歳越えの現役ナースです。

私の看護師の経歴としては、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系はほぼ全て経験しています。

私の経験が、少しでも悩んでいる皆さんの励みになればと思います。

こちらもおすすめ

【マザーナース】

マザーナースは「看護師の仕事を何でも解説!」をテーマに制作しているWEBサイトです。現役看護師(マザーナース「キヨミ」)、転職エージェントOG、WEB担当3名による編集チームです。

運営者情報 | マザーナースとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる