患者がいびきをかく時。

個室で患者さんがいびきをかく時は良いのですが、大部屋でいびきをかくと他の患者さんに迷惑を及ぼします。難聴の患者さんばかりの病室では問題はありません。

いびきに関して睡眠の被害を被らない状態の患者さんの場合は別です。同室者の患者さんからの苦情がある場合には、病室の移動をしなければなりません。

他の患者さんから苦情が来ない病室へ移動することになります。入院すると病室が個人個人の住居と同じです。快適に生活できる場所として、病院側は病室を提供しなければなりません。

病室が生活の場になるわけですから、患者さん同士が気持よく過ごせるように配慮が必要です。必要に応じて、不眠を訴える患者さんに対して睡眠薬が処方されることもあります。

患者のいびきの原因について。

一般に気道が狭くなる事がいびきの原因と言われています。舌が大きかったり下顎が小さかったり 、首が太くて短いこともあります。 扁桃腺や咽頭扁桃が大きかったり 、口蓋垂が長い ときにもおきます。

鼻が詰まっていたり口呼吸をしていたり、口の周りの筋肉が弱い などが挙げられます。子どもはアデノイドが大きくて、のどで気道が狭くなっていることがよくあります。

高齢者では仰向けに寝ていると舌がのどに落ち込んで、気道が狭くなります。肥満も、のどに脂肪がついてしまい、気道が狭くなりやすいのです。いびきをかく女性は、顎が小さいことが多いようです。

肉体的あるいは精神的な疲れが溜まってくると、いびきをかきやすくなります。お酒を飲んだときにだけ、いびきが出る人もいます。睡眠時無呼吸症候群という病気の可能性があります。

患者のいびきに対応する処置。

いびきをかく患者さんに対して、治療の必要がない場合には、やはり対処的な事をします。上向きではなくて横向きで眠る事を勧めます。

いびきがひどい時には、身体に触れていびきを止めることもあります。あとは、他の患者さんが睡眠妨害されないで眠れるような環境の調整をします。

希望する職場を探してくれます。

看護師転職サイトに相談しましょう

マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。



※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る