患者が可哀想。このように思いながら働いている看護師さんはいませんか?患者が可哀想と思っているあなたは、その職場で働き続けていても良いのでしょうか?

口には出せないけれど、「患者が可哀想」と心の中で思っているあなたのためのお話をしましょうね。

患者を可哀想と思いながら働いていませんか?

患者が可哀想と思うことはありませんか?

日々の業務の中で、「こんな看護師にケアされるなんて、患者さんが可哀想」と思ったり、「この病院(施設)には、絶対入院したくない!家族も入院させたくない。」と思うことはないでしょうか?

たとえば、患者さんがナースコールで車イスに乗りたいと言った時に、ため息をつきながら、「こっちも忙しいんですけどねぇ」と言ったり、患者さんの前で舌打ちしたり、嫌そうな顔をする看護師がいる。

また、ナースステーションで看護師同士で患者さんを笑いものにしたりするのを目にすることもありますね。

病院によっては、病院の都合と利益のためとしか思えないような検査をルーティンで行うこともあります。

抑制も命の危険がある時には、本人や家族の同意を得た上で最終手段としては仕方がないものです。

でも、何の対策もせずに、「とりあえず抑制しておけば大丈夫でしょう」のように抑制をしているを見ると、患者さんが可哀想に思えてきますね。

患者を可哀想と思っているあなたは、今の職場で働いていて良いのですか?

患者を可哀想と思っているあなたは、今の職場で働き続けていても良いのでしょうか?患者さんが可哀想と思いながら働いていると、もどかしいですし、ストレスが溜まりますね。

師長に改善を提案しても、そういう職場では「何をいまさら」のように言われてしまって終わりでしょう。

師長も「この病院のやり方では患者が可哀想」と思っているなら、その時点で改善しようとしているはずですから。

改善しようとしていない師長は、今の状況を悪いと思っていないのです。だから、ハッキリ言って、師長に改善を提案しても無駄だと思います。

また、そのような職場であなたが改善を提案しても、職場の中で浮いた存在になるだけだと思いますよ。みんなは、、今のままでかまわないと思っています。患者のことを可哀想だと思っていないのです。

あなたは正常な感覚を持っているのですが、ほかの同僚の人たちは、麻痺してしまって、感覚がずれているんですね。

だから、あなたが正論を主張しても、「はぁ?なに正義感ぶっているの?」と冷ややかな目で見られて終わりなのですよ。

上の立場の人、つまり師長が改善を提案すれば、みんなそれに従うものですが、ただのスタッフが提案してもダメなことが多いのです。

そのような職場で、あなたはこれからも働き続けますか?それで良いのですか?

患者を可哀想と思うなら、早めに転職しましょうね

患者を可哀想と思うなら、早めに転職したほうが良いと思いますよ。先ほども言いましたが、あなたが改善を提案しても、それはきっと無駄になってしまうと思います。

それなら、良い医療・看護、誠実な医療・看護を提供している職場で働いたほうが良いと思いませんか?

「可哀想な患者さんを見捨てることになる」と、転職を躊躇することがあるかもしれません。でも、それは仕方がないと割り切るしかありません。

あなたが今の職場で働いていても、「患者が可哀想」と思う状況を改善できるわけでありません。あなたのストレスが溜まっていく一方です。

それどころか、あなたがその職場で長く働いていたら、あなたも正常な感覚を失って、「患者が可哀想」と思わなくなってしまうかもしれません。

それなら、良い医療・看護を提供している職場に転職したほうが良いと思いませんか?今の職場では看護の楽しさややりがいを感じることは難しいでしょう。

でも、転職すれば、「看護師になって良かった」と思えるようになると思います。患者さんも大切ですが、それよりもまずはあなた自身を大切にしましょう。

あなたが働きやすい職場、ストレスを感じずに働ける職場を選ぶことが、良い看護へとつながります。

「私の家族が入院することになったら、この病院に入院させたい」と思えるような良い医療・看護を提供している病院へ転職したいなら、転職支援サイトを使いましょうね。

転職支援サイトなら、その病院の表立って掲げている理念や方針だけでなく、実際にはどんな医療や看護を提供しているのかまで詳しく調べてくれるので、「患者が可哀想」と思うことなく働ける職場に転職することができますよ。

看護師転職サイトに相談しましょう

マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。



※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る