患者が自殺を考える時。

患者さんが自殺を考える時は人生に失望した時です。病気が原因であることもありますがそうでない時もあります。

看護師として働いていて、患者さんの自殺に遭遇する時はだいたい自分の病気について失望する時です。個人的に患者さんが自殺をした場面に遭遇した事は一度もありません。

そのような体験をしたという看護師に会った事はありません。患者さんは病院に治療に来ているのですから、そのような場面に会う事がないのは当然です。

患者さんにとって人生を悲観してしまうような診断を下される事は、病院ですから多くの人が経験していることです。しかし大事な診断を下す時には、患者さんばかりではなく家族の来院も医師は要求します

患者さんが一人にならないように、また家族が精神的な支えとなるように配慮しているのです。

患者さんが自殺の意思を持つ時は、だいたいの患者さんがすでに鬱状況になっているのです。病気を受け入れて、前向きに治療をしようと考える患者さんももちろん多数います。

患者は自殺を考えない。

患者さんに病気の説明をする時には、医師は患者さんが失望しないような話し方をするべきです。話し方一つで、病気や治療を受け入れる気持ちを持つ事が出来るのです。医者のコミュニケーション能力は絶対に必要です。

患者さんの肉体を治療するだけでなくて、精神的ケアは特に忘れてはならないのです。精神的ケアが出来ていると、患者さんが自殺を考える事はなくなります。

看護師としては、患者さんを精神的に支える事が欠かせません。一緒に病気と闘う事を話して、前向きに治療に取り組む環境を作るために援助をしなければならないのです。

もちろん家族の精神的支えになることも必要です。家族は直接患者さんに接し影響を与えるのですから、家族の精神的ケアは患者さんと同じくらいに大切なのです。

患者の自殺と看護師の就職。

看護師求人転職支援サイトでは、登録するだけで必要な情報が得られます。自分の希望する勤務条件を伝えると、それに合った医療機関を教えてくれます。

働きたい職場で、自分の理想とする看護の仕事ができるのです。ライフスタイルに合わせた職場選びが出来ます。

患者さんが自殺する事のないように精神的看護を十分にしたいと考える看護師もいます。自分の考える看護の仕事が生かせるような職場に就職できるのです。

転職サイトランキングを見る