患者さんが元気になって退院することはありますか?

病院にもよりますが、高齢者が多く入院している医療病棟などでは、元気になって退院することができる患者さんは本当に少ないです。

退院して施設などにすぐに入所するという人はいますが、それでも少ないですね。高齢者ですから、病気をして寝込んでしまうとまず筋力が艇増してしまいます。

自宅とは環境が異なるということで、入院して寝たきりになると不穏になったりして精神的に落ち着かなくなる患者さんが多いのです。

新しいことを受け入れることができなくなるのは、高齢者の特徴でもありますが、高齢になると環境の変化が精神的に良くない影響を与えるということが良く分かります。

患者さんの退院指導はどのようにしていますか?

退院指導は、担当である患者さんや家族が退院後に注意しなければならないことについての説明や、生活指導や食事指導などをします。

退院後に自宅へ戻る患者さんばかりではありません。他の病院へ入院したり、他の施設へ入所したりする患者さんもいますから、そのような場合には看護サマリを書きます。

他の施設のスタッフが、患者さんの病状などについて理解できるように、そして他の施設でも同じレベルのケアを受けることができるように記録しておくのです。退院時にはサマリをもって退院してもらいます。

患者さんの退院調整は行いますか?

患者さんが入院すると同時に、全ての患者さんに対して退院調整の必要があるか否かについての確認をとります。

病棟には退院調整に関する書類が準備されており、退院の可能性がなければ退院調整の必要がないということで、その書類への記載はいりません。

退院の可能性のある患者さんに対して、院内のケアワーカーやソーシャルワーカー、看護師や理学療法士、栄養士や家族などでカンファレンスを開催します。

いろいろな職種のスタッフが協力して、患者さんや家族の希望にそった退院ができるように支援するのです。患者さんが自宅に帰る意思があるかを確かめ、同時に家族に受け入れ体制ができているかについても確認します。

自宅での生活が可能であるかについて、退院前に自宅を実際に訪問し、理学療法士や介護支援専門員などが患者さんが生活できる構造になっているか否かについて調べます。

患者さんが退院して普通に日常生活ができるように、援助し指導することが退院調整の仕事です。

退院調整と退院支援

退院調整をして、スムーズに退院ができるように退院支援をしますから、退院をするためには退院調整が必要だということです。

患者さんが退院後も安全に安心して療養が継続できるように、患者さんをサポートするものです。

患者さんが生活する場所は、在宅であったり施設であったりしますが、退院後の患者さんの生活をサポートすることには変わりはありません。

療養指導や栄養指導、内服指導や医療処置指導などを行います。リハビリテーションをどこでいつ受けるかなどについても決めておきます。

安全の為に、住宅改修や介護用品などの準備をします。在宅サービスの利用や在宅医療についても準備をし、在宅調整を行います。

退院調整で期待される成果は?

退院調整をする時には、患者さんの声にしっかり耳を傾け、地域の医療機関や在宅サービスとも連携し退院支援に取り組んでいかなければなりません。

患者さんや家族にとって、安心した退院の実現を促進します。退院調整で期待される効果は、社会資源を活用することで、患者さんや家族が安心して療養生活を送ることができることです。

また、退院調整を行うと、入院と同時に退院後の生活を考えるので、患者さんが目標をもって入院生活ができます。

退院調整を行うことで、地域医療機関や各職種との連携が図れ、患者さんの療養生活の維持や向上ができます。

看護師転職サイトに相談しましょう

マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。



※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る