患者さんが骨折することはありますか?

入院している患者さんがベッドから転倒したり、歩行していて転んだり、車椅子から立ち上がり転倒することは時々あります。

一般的に考えると、病気を治すために入院しているのに、そこで怪我をしたり骨折するということはあり得ないことです。

そして一般的には殆どないことです。しかし高齢者の場合には異なります。特に認知症の高齢者の場合には、骨折する可能性が高くなるために、病気を治すための治療の他に骨折の予防をすることも考えなくてはならないのです。

認知症の患者さんは、足が不自由で歩けないにもかかわらず、自分は歩行できると思っていますから突然歩行しようとしてします。

看護師などスタッフがそばについている時には安心なのですが、誰もそばにいない時に突然予想できない行動を起こすので安心できません。

患者さんの骨折を防ぐために、いつもスタッフが認知症の患者さんの転倒を予防する為に、見守りをしていなければならないのです。

それでもたえず一人の患者さんに一人の看護師が付きっきりのケアをしているわけにはいきません。少し目を離したすきに、患者さんが車椅子から立ち上がり転倒し骨折するということは予測できるのです。

患者さんが骨折した時はどうしますか?

患者さんが骨折することは実際にありますし、そのことに対して看護師は看護師の業務は忙しく、事故発生を未然に防ぐためには患者さんの見守りは必要です。

患者さんはいつ突然に動き出すかわからないのです。その患者さんの見守りをしていたのでは、他の業務は何もできなくなります。

一つの仕事をこなしながら、患者さんを何人も見守りしなければならないのです。突然ベッドから起き上がろうとする患者さんを発見すると、患者さんがベッドから転落する前にそばへ行き転落することを防がなければならないのです。

患者さんが病室内にいていたのでは、看護師は目が届きませんから危険行為をすることが予測される患者さんのベッドを、スタッフの目が届くところに移動します。

看護師の目の届くところにたくさんのベッドが集まってしまい、身動きが取れない状態になります。

認知症の高齢者の場合には骨折の可能性は高いのですが、不満を持つというケースもあります。

医療者は、患者さんの治療や介護をするだけではなく、その時に応じた病状説明を行うなどし、患者さんの家族との間に信頼関係を築く努力も必要です。

仮に骨折をした場合には、医療機関側のミスでないことだけを強調するのではなく、なぜ骨折するような事態になったかについての説明を十分に行い家族の理解を得ることが必要です。

骨折やけがをしてから家族に対して説明をしても、高い信頼は得ることができないのです。

患者さんの骨折が予測される場合にはどうしますか?

骨折か擦過傷か怪我か打撲かまでは予測できませんが、転落や転倒のリスクが高い患者さんの事故の発生については予測することができます。

そのような時には、事故の発生を未然に防ぐために、ナースセンターの前の病室に患者さんのベッドを持ってくるなどし、絶えずスタッフの目が行き届くように環境を整えます。

患者さんがベッド柵を外すときに音が出るようなセンサーを設置します。また患者さんがベッドから降りて立ち上がると、音が出るようなセンサー付敷パットを設置します。

病棟では、その患者さんの状態に応じて危険防止のために工夫をしています。それでも防ぎきれずに説明をします。

医療者と家族間での信頼関係がなければ反感や誤解が生じます。看護師は、コミュニケーションをとっておく必要がありますね。

看護師転職サイトに相談しましょう

マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。



※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る