悩みを語る…page7

page1を見るpage2を見るpage3を見る | page4を見る | page5を見る | page6を見る | page7

自律神経失調症の看護師が、看護師の仕事を続けていくにはどうしたら良いのでしょうか?自律神経失調症と上手に付き合いながら働く方法をお話しましょうね。

アスペルガー症候群の看護師さんはいませんか?アスペルガー症候群だと、看護師として働きにくいと感じることがありますね。でも、アスペルガー症候群だからといって、看護師として働くことを諦める必要はないのですよ。アスペルガー症候群の看護師でも働ける職場をご紹介しましょうね。

社交不安障害の看護師さんはいませんか?社交不安障害(SAD)の人は看護師の仕事をしているのが、とてもつらいと思います。でも、せっかく看護師になったのですから、社会不安障害と上手に付き合いながら看護師の仕事をしてみませんか?社交不安障害を持っていても働くことができる職場をご紹介しますよ。社会不安障害の看護師さんだけでなく、あがり症の看護師さんにもぜひ参考にしてくださいね。

学習障害の看護師さんは、働きづらさを感じているかもしれませんね。看護師を辞めようか考えている人もいるのではないでしょうか?でも、学習障害があっても、苦手なことをカバーできる職場、苦手なことを使わずに済む職場に転職すれば、看護師として働いていくことは可能ですよ。学習障害の看護師さんにオススメの職場を、学習障害のタイプ別にお話しましょうね。

看護師で持病を抱えながら働く人は、案外多いのです。大丈夫です、あなただけではありませんよ。持病持ちの看護師が気をつける点について、お話しましょうね。

看護師は吃音があると、辛いですね。でも、どもりがあっても、それほどストレスを感じずに看護師として働くことができる職場はあります。吃音がある看護師さんは、ぜひ参考にしてくださいね。

看護師で冷え性の人は、女性ですから多いと思います。どうして冷え性になってしまうのかや、なってしまった場合の対処法についてお話しましょうね。

看護師で生理不順の人は、もちろんいますね。看護師の仕事と関係するのかどうかや、生理不順に悩まされているときの対処法について、お話しましょうね。

看護師ですぐに疲れる人はいませんか?少し働いただけでグッタリしてしまったり、疲れが取れないのは何が原因なのでしょう?すぐ疲れる人のための対策法をお話しましょうね。

看護師はむくみやすいですね。立ち仕事だから仕方がないといっても、足のむくみは気になります。看護師は患者さんのむくみだけではなく、自分のむくみも気にしないといけませんよ。今日は、看護師さんのためのむくみ予防法や解消法を紹介していきますよ。

貧血の看護師は、仕事をする上でどのような点に気をつければ良いのでしょうか?
貧血の改善方法や、働きやすい職場についてお話しましょうね。

ひとりぼっちの看護師は、職場になじめないと悩んでいると思います。ひとりぼっちに悩んでいる看護師さんは、どうしたら良いのかをお話しますよ。

年配の看護師が苦手人はいませんか?若手の看護師さんの中には、年配の看護師が苦手な人は少なくありませんね。年配の看護師が苦手な人はどうすべきなのか、対策をお話しましょうね。

仕事がもらえない看護師は、とてもつらいですね。周囲の看護師とは違う仕事しかさせてもらえなくて、職場で肩身が狭い思いをしているのではないですか?仕事がもらえない場合は、どうすれば良いのかを一緒に考えていきましょうね。

足が臭い患者の処置をしなければいけないこともありますね。足が臭い患者の処置は、看護師にとって、本当に苦痛です。足が臭い患者の処置を苦痛に感じている看護師のためのお話をしましょうね。

救急隊員をむかつくと思っている看護師さんはいませんか?「あの救急隊員、むかつくわ!」と思いながら働いていたら、ストレスが溜まるだけですよ。救急隊員にむかついている人のためのお話をしましょうね。

看護師でオンコールが辛いと思っている人はいませんか?オンコール当番があると休んだ気がしないので、身体的にも精神的にも辛くなりますね。オンコールが辛いと思っている人のための対策と、これからオンコールがある職場へ転職を考えている人のためのお話をしますよ。

患者の口臭が気になっている看護師さんは多いですね。患者の口臭を苦痛に感じているのは、あなただけではありません。患者の口臭を苦痛に感じている時の対策をお話しますよ。

お局看護師が嫌いな看護師は多いと思います。お局看護師は、一緒に働くだけで、イライラして、とても不快な気持ちになりますね。お局看護師が嫌いな看護師のために、対処法をお話します。

メタボリックシンドロームは看護師なら一度は耳にしたことがある言葉だと思います。看護師はメタボリックシンドロームの予防などを患者に指導する立場ですが、あなた自身も予防に気を付けなければいけません。今回は、メタボリックシンドロームについてのお話をしましょうね。

page1を見るpage2を見るpage3を見る | page4を見る | page5を見る | page6を見る | page7

転職サイトランキングを見る