このお話は、こんな人に役立ちますよ↓
「整形外科の求人を選ぶ時はどんなことに注意すべきかしら?」
「整形外科の看護師って、どんな仕事をするのかしら?」

このような疑問を持つ人は多いですね。ですから整形外科で働きたい看護師さんのためのお話をしましょうね。

看護師で整形外科の求人を探す人は多いですよね?

整形外科の外来は街でもよく見かけます。大学病院などの大きな病院にもありますが、街にも多くあるので受診しやすい診療科目です。

交通事故なども最近は多いですが、そんな時は大きな病院の整形外科を受診するでしょう。

一般の人は、生活の中で肩痛や腰痛になったときにも整形外科を受診します。整形外科は、患者さんにとっては親しみやすい馴染みの診療科目です。

整形外科の看護師を希望する人も結構いると思います。

内科と異なり仕事内容にも特色があるので、興味のある看護師も多いと思います。

看護師の整形外科の求人には応募した事がありません

私は整形外科に勤務したことがありません。ですからギブスカットなどはできません。

実際にギブスカットをしている看護師を見て「すごいな」なんて思ったことがあります。

もちろん医者が行う仕事ですが、看護師でも長く整形外科に勤めていて見て覚えたのでしょう。

その技術を身につけている看護師もいます。昔はドクターの手伝いに、実際にさせられたということもあるのでしょうね。

看護師の整形外科求人は、よく見かけますね

最近では、多くの病院内に整形外科がありますので、そこそこの看護師求人があります。整形外科のクリニックも、街の中には多くあります。

整形外科についての医療的な知識や技術のほかに、患者さんとのコミュニケーションがとても大事になります。

しかし、これはどの診療科目の看護師でも同じように言えることで当然ですね。

整形外科のクリニックなどは、病院と異なり夜勤をする必要がありません。

日勤ばかりの勤務だったり、パート勤務でも可能だったりします。不規則な勤務条件ではないのです。

家庭や子供を持つ看護師にとっては、働きやすい条件の職場だといえます。

街によく見かける整形外科外来ですから、看護師募集も多く就職率も良いと思います。

では、以下にもっと詳しく要点をまとめていきます。お時間のある方はご覧下さいね。

整形外科の看護師の仕事内容や特徴

整形外科の看護師の仕事内容や特徴は何でしょうか?

命にかかわる疾患は少ない

整形外科の特徴は、他の外科に比べると命に関わる疾患が少ないことですよ。

他の外科では亡くなる患者さんが少なくありませんが、整形外科では患者さんが亡くなることは多くないのです。

日常生活援助が仕事の中心

整形外科の看護師の仕事内容は、バイタルサインのチェックや与薬、点滴、処置などもありますが、日常生活援助が多いことが特徴ですよ。

整形外科の看護師は移動介助や食事介助、清潔ケア、リハビリ支援などの日常生活援助が多いのです。

意識レベルはクリアな患者さんが多い

整形外科では体は思うように動かないものの、意識レベルはクリアな人が多いことも特徴の1つですね。

整形外科では、オペの麻酔から覚醒すれば、意識レベルが悪い人はほとんどいません。

整形外科で看護師が働くメリットは何ですか?

整形外科で看護師が働くメリットを5つお話しましょうね。

重症患者は少ないので、精神的に楽

整形外科で看護師が働くメリットの1つ目は、重症患者さんが少ないので、精神的なプレッシャーが少ないことです。

「1つのミスが患者さんを殺してしまうかもしれない」というプレッシャーはあまり感じることなく働くことができるのですよ。

患者さんとコミュニケーションを取りやすい

整形外科の看護師のメリットの2つ目は、患者さんとコミュニケーションを取りやすいことです。

そのため、入院期間は短くても、1人1人に合わせた看護を実践しやすいのですよ。

オペ看護だけでなく、リハビリ看護のスキルも身につけられる

入院中のベッドサイドでのリハビリは看護師が協力して行わなくてはいけませんので、整形外科で働くとオペ前後の看護に加えて、リハビリ看護のスキルも身につけられるのです。

病棟の雰囲気は明るい

整形外科で看護師が働くメリットの4つ目は、病棟の雰囲気が明るいことですよ。

整形外科は意識がクリアな患者さんが多く、さらに重症患者さんは少なく、亡くなる患者さんも少ないです。

また、日に日に回復していく人が多く、それを患者さん自身も実感できることが多いので、病棟が明るい雰囲気であることが多いのですよ。

やりがいを感じやすい

整形外科で看護師が働くメリットの5つ目は、やりがいを感じやすいことですね。

整形外科ではオペ後はリハビリをすることで、患者さんはどんどん回復しますので、看護師も自分の仕事の成果を実感しやすいのです。

整形外科の看護師が感じるデメリットは何ですか?

整形外科で看護師が働くなら、整形外科のデメリットも知っておきましょうね。

力仕事が多い

整形外科のデメリットの1つ目は、力仕事が多いことですよ。車イスへの移乗介助、体位交換、清潔ケアなどですね。

そのため、整形外科の看護師さんは腰痛に悩んでいる人も多いのですよ。

患者さんが少し面倒なことも

整形外科の看護師のデメリットの2つ目は、患者さんが少し面倒なことです。整形外科の患者さんは意識がクリアでも、自分で思ったように動けないことが多いのですよ。

また、後遺症が残る人もいます。そのようなイライラを看護師にぶつけてくる患者さんもいるのです。

基本的に忙しい

整形外科で看護師が働くデメリットの3つ目は、基本的に忙しいことです。整形外科はオペ出し・オペ迎えに加えて、入退院も多いですし、さらにリハビリもたくさんあります。

そして、日常生活援助の仕事が多いので、とても忙しいのです。

整形外科の看護師に向いている人はどんな人ですか?

整形外科の看護師に向いている人は、次のようなタイプの看護師さんですよ。

・オペ前後の看護もしたいけど、患者さんときちんと話したい
・外科に興味があるけれど、重症の患者さんは苦手
・おしゃべりが好き
・テキパキ元気に働きたい

このような看護師さんは、整形外科に向いていますよ。

整形外科に看護師が転職する時の求人選びの注意点は何ですか?

整形外科に看護師が転職する時には、求人選びにはこだわらないといけませんよ。

どのような職場の整形外科で働くか

整形外科の求人を選びたいなら、総合病院、整形外科専門病院、クリニックの中から、あなたの希望に合ったところを選ぶようにしてください。

どのような疾患の患者さんが多いのか

整形外科の看護師求人を選ぶ時の注意点、2つ目はどのような疾患の患者さんが多いのかを調べることですよ。

整形外科といっても、病院の規模やそこで働くドクターの専門性、急性期か回復期かでどのような疾患の患者さんが多いのかが異なりますので、注意が必要です。

残業時間はどのくらいか

整形外科の看護師求人を選ぶ時には、残業時間もチェックしましょうね。整形外科は忙しい診療科ですが、それでも予想以上に残業が多かったら、仕事へのモチベーションは下がる一方です。

そのため、月平均の残業時間を必ずチェックして、納得してから求人に応募しなければいけません。

介護士さんは配置されているか

整形外科の看護師求人を選ぶ時には、介護士がどのくらい配置されているかも調べておきましょう。

体力的に不安がある看護師さんは、できるだけ多く介護士が配置されている整形外科を選ぶと安心ですね。

オペ件数はどのくらいか

整形外科の看護師求人を選ぶ時には、オペ件数は1日何件あるのかを確認しましょう。オペ件数は、忙しさの目安になります。また、どのくらいの症例を経験できるのかの目安にもなりますね。

整形外科で働きたい看護師さんは、転職支援サイトを使いましょうね。転職支援サイトなら、整形外科の求人をたくさん扱っていますし、担当コンサルタントが4つの注意点をきちんと調べてくれますので、希望に合った求人を見つけることができるのですよ。

転職サイトランキングを見る