新人看護師の医療事故は、多いはずですね

新人看護師の医療事故はベテランの看護師よりも多いかもしれません。

新人看護師は新しく就職してきて、病棟の構造や、病室と患者さんの名前や病名、看護の特徴などを覚え、日々の仕事をこなすことに精一杯だからです。

それに病棟の先輩看護師や、仕事の流れ、手順なども覚えなくてはなりません。

一度に覚えることが新人看護師の前には山積みされているのです。先輩看護師に指導されたり、教えられたり、注意されたりするのです。

一度注意されたことは、繰り返したくはありませんね。そんなことを考えていると、又同じ過ちを起こすこともあるのです。

失敗したことを報告する時には勇気と精神的苦痛が伴います。

新人看護師の医療事故が起こるのは、どんな時ですか?

頭も体もめいっぱいというのが新人看護師の正直なところだと思います。

そんな時に医療事故は運悪く起きます。医療事故はミスが続いたあとに、起きるべくしておきたと言ってもいいでしょう。

普通なら起きない医療事故でも、環境の変化したばかりの新人看護師めがけて起きるんですね。あってはならないことですが、新人の時にはだいたいの看護師は経験しています。

医療事故ではなくても、ミスは大なり小なりした経験があると思います。

そんなことの積み重ねがあって看護師として成長していくので、大事な経験ではあります。新人看護師でなくても医療事故は起きるときがあります。

医療事故は新人看護師だけが起こすわけではありません

私の勤めている病棟では、起こった医療事故の事故報告書を当事者が書きます。その医療事故に対して、なぜ起きたのか、その対応策はどうするかなど、皆で話し合います。

本人が間違いを自覚し、看護師長などに報告をして皆で検討することもあります。

指摘されて初めて自分の過ちに気づくこともあります。

今後同じ過ちを起こさないためにどうするかを話し合うことは必要です。

業務の工夫をすることで、極力過ちを避けることができると予測できる場合には、そのように実践します。

新人看護師の医療事故に対する先輩看護師の対応は正直難しいですね。

病棟が忙しくなると、ミスが起きやすくなります

特定の看護師ではなく、皆がミスを起こす状況では、医療事故の起きる可能性が高くなります。

新人看護師が医療事故を恐れて転職するときは

新人看護師が就職する場合には、ネットの看護師求人サイトを利用すると良いです。

新人看護師が就職を考えている場合には、新人看護師に適した条件の職場を紹介してくれます。

看護師転職サービスのサイトに、自分の希望する職場の条件を伝えておきます。

あなたも早速看護師転職サービスのサイトに無料登録してみませんか?

転職サイトランキングを見る