新人看護師の離職率は10人に1人?

看護師の配置が手厚い病院ほど新人看護師の離職率が低いそうです。

日本看護協会の、昨年10月に全国約9000病院に行なった離職率調査で分かったのです。

新人看護師の1年以内の離職率は平均9.2%です。

これに対し、1人の看護師が何人の入院患者をみるかの配置基準が最も手厚い7:1の病院は8.5%と、ほかの基準の病院より離職率が低かったのです。

新人看護師を多く採用した病院では臨床研修に力を入れ医療事故への不安を取り除くなどの努力をした結果ではないか、と協会ではみています。

新人看護師の離職率には、色々な原因がありますよ

新人看護師の離職を考える原因にはいろいろあります。

職場の雰囲気にとけ込めないということが一番かもしれません。

患者さんや仕事のことを覚えることで精一杯の時に、先輩看護師にまで気を使ってコミュニケーションを上手く取るための努力することは疲れることかもしれませんね。

しかし新人看護師は皆そうして経験を積んでいくのだと思います。出来ることなら離職せずに頑張ってもらいたいと願います。

仕事をなかなか覚えることができなかったり、失敗が続いた場合にも新人看護師が仕事に対する自信をなくすということがあるかもしれません。

先輩看護師の心無い態度や言葉は、知らず知らず新人看護師の心を傷つけるかもしれないのです。先輩看護師としては、新人看護師に対する言葉や態度には十分気をつけたいところですね。

新人看護師の離職率とコミュニケーションは密接な関係に?

先輩看護師たちとのコミュニケーションを良好に保つことは、離職率を低下させる解決策にもなります。

新人看護師にとっては、何もかもがはじめての状況なのですから緊張しない方がおかしいです。

職場の先輩看護師は新人看護師の悪口などは禁句にしたいですね。

悪いところを注意して成長してもらいたいという良心的な言葉なら、新人看護師にも気持ちが伝わると思います。

先輩看護師たちに、新人看護師をしっかり育てようという広い心での接し方ができれば、新人看護師の離職率は低下するでしょう。

病棟の看護師長や看護主任の態度が他のスタッフに与える影響も大きいですから、厳しくても暖かい態度で新人看護師に接することが必要です。

職場のスタッフの対応一つで、新人看護師は同じ職場で長く務めることも可能になるのです。

新人看護師が離職率を考えるときは、看護師転職サイトへ

新人看護師が離職を考えるときには看護師転職サービスのサイトを利用すると良いです。

看護師転職サービスのサイトでは、新人看護師の相談に対しても適切なアドバイスをしてくれます。

もし転職を考える場合には、看護師転職サービスのサイトに希望する職場の条件を伝えておきます。

新人看護師に合った離職率の低い職場を探して教えてくれます。早速看護師転職サービスのサイトに無料登録してみましょう。

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る