新人看護師がクリニックで働く理由は?

新卒の新人看護師がクリニックで働く事は少ないです。

新卒の新人看護師ですと、卒業した看護学校で就職先を斡旋しているところが多いからです。

看護学校の学費は一般に低額なのですが、そのお礼に支持された医療機関に就職しなければなりません。

お礼奉公といって、2年間程は、看護学校と同じ系列の病院に就職する事が多いのです。

日赤看護学校を卒業すると、殆どの看護学生は日赤病院に勤務します。

大学病院の付属看護学校を卒業すると、大概は大学病院に勤務するでしょう。

指定された年数を終了すると、改めて就職したいと思う病院を探します。

地元の病院に戻って就職するなどです。ですから新卒の看護師がクリニックに勤務するという事はほとんどあり得ないことなのです。

「地元のクリニックに就職しなければならないなくなった」など余程の理由があれば別です。

そんな新人看護師は、クリニックに働く理由がなくなった時に、また新人看護師として大きな病院に就職しなおすでしょう。

また新人看護師でも新卒でない看護師の場合には別です。

ブランクのある新人看護師などは、経験はあってもブランクがあるせいでクリニックなどを選択して就職する人の方が多いのです。

新人看護師でも経験や環境によって様々に、就職の為に選択する医療機関が異なるという事です。

新人看護師がクリニック勤務して得する事は?

新人看護師がクリニックを選択することで得るメリットはいろいろです。

新卒の新人看護師は、クリニックに就職する事はほとんどありません。

経験のある新人看護師がクリニックでの再就職を希望する事が多いのです。

一般にクリニックは、高度な医療機器などなく高度の治療を行っていません。

ブランクがある新人看護師にとっては、働きやすい職場なのです。

患者さんや接する人数も、大きな病院よりもずっと少なめなのです。

コミュニケーションを良好に保つ事を考えたとしても、人数が少ない方が精神的に楽です。クリニックには夜勤や日曜出勤がありません。

クリニックにもよりますが時間外勤務がないばかりか、勤務時間にある程度自由が許されるのです。

家庭を持つ看護師にとっては、家庭と仕事の両立ができやすく、生活にあった働きやすい職場なのです。

すでに若くはない新人看護師にとっては、クリニックは肉体的にも精神的にも楽な職場だと言えます。

クリニックはスタッフの数も少ないので、家庭的な雰囲気の中で仕事が出来るという事がいわれます。

勤務時間にしても融通がきくところが多いので、家庭と仕事の両立を希望している看護師にとって働きやすい職場です。

新人看護師はクリニックと大きな病院、どちらが適している?

経験のあるブランクのある看護師が働きやすい職場はクリニックの方です。

しかし新卒の新人看護師の働く職場は大きな病院の方が適しています。

病気や治療、看護についての知識については、大きな病院の方がより多く吸収できる事ができます。看護技術についての基礎を学ぶ事が出来ます。

その後の看護師人生を考えると、最初に基礎をしっかりマスターしておく方が有利です。

どの診療科で働くことになっても、それぞれの患者さんに合わせて看護技術を応用して看護が出来ます。

患者さんに対する接し方やコミュニケーションの取り方は、先輩看護師を見本にできます。

看護技術についてはもちろん、看護計画に関する事やカンファレンスの方法などについても学ぶ事が出来ます

殆どのクリニックでは、医療補助の仕事が主なのです。医者が診察しやすい環境づくりや、その援助をするのです。

看護師本来の仕事をする機会は、病院と異なりすごく減少します。食事介助や排泄介助、清拭や入浴介助といった日常生活を援助する事が殆どありません。

せっかく看護学校で学んでくるのですから、看護の実践が出来る病院で働きたいと考える新人看護師が殆どでしょう。

新人看護師には、まず大きな病院で働き知識や技術を身につける事が適しています。

転職サイトランキングを見る