新人看護師のリアリティショックの要因とリアリティショックを乗り越えるコツ

新人看護師のリアリティショックの要因とリアリティショックを乗り越えるコツ

新人看護師がリアリティショックを受けると、退職に至ることがあります。

新人看護師が一人前の看護師になるためには、リアリティショックをどう乗り越えるかが重要な鍵と言えるのですよ。

 

今回は新人看護師のリアリティショックの乗り越え方をお話しますよ。

新人看護師がリアリティショックを受ける要因は6つありますよ

新人看護師はリアリティショックを受けると、

「私は看護師として向いていないのかもしれないわ」

「私は看護師としてやっていく自信がないわ」

と思って、退職することがあるのです。

 

新人看護師のリアリティショックとは、看護学生時代に厳しい実習を終えて、頑張って勉強して国家試験にも合格した。

 

つまり、看護師として働きだす準備を整えて、希望に満ち溢れて看護師人生をスタートさせたのに、実際に働きだしてみると、予想以上に辛いことばかりで身体的にも精神的にもショックを受けた状態のことですよ。

 

新人看護師の多くはリアリティショックを受けるものなのです。

水田真由美氏の「新卒看護師の職場適応に関する研究-リアリティショックと回復に影響する要因-」という論文によると、リアリティショックに陥っている新人看護師は入職後3ヶ月の時点で65.2%、6ヶ月の時点で46.4%なのです。

 

つまり、半分以上の新人看護師がリアリティショックを受けているということです。

先ほどご紹介した論文によると、新人看護師がリアリティショック受ける要因は6つあるのです。

 

1.看護技術に関する苦痛

2.職場の人間関係に関する苦痛

3.教育面に関する苦痛

4.事務的業務に関する苦痛

5.患者および家族への対応に関する苦痛

6.勤務形態に関する苦痛

 

新人看護師はこれらの6つの苦痛があるからリアリティショックを受けるのですね。

これだけの苦痛があれば、新人看護師がリアリティショックを受けるのも仕方がないかもしれませんね。

 

新人看護師がリアリティショックを乗り越えるためには、仕事を覚えましょうね

新人看護師がリアリティショックを乗り越えるためのコツを教えましょうね。

リアリティショックを乗り越えるためには、仕事を覚えることが一番なのですよ。

 

仕事を覚えるというよりも、1日のスケジュール通りに仕事を進めることができるようになると言ったほうが正しいかもしれませんね。

 

仕事を覚えれば、新人看護師が抱える多くの苦痛が解決します。

「仕事を覚えられないから、大変なのよ!」という意見もわかりますが、ここはリアリティショックを乗り越えるためにも、より一層仕事を覚えるための努力をしましょうね。

 

新人看護師さんが仕事を早く覚えるために、スケジュール通りに仕事を進められるようになるには、メモを活用すること、タイマーを使うこと、先輩に積極的に質問すること、1日のスケジュールはしっかり立てて、シミュレーションをすることの4つが大切ですよ。

 

メモを活用すること

先輩看護師に教えてもらったことは、その場でメモをしましょう。

また、やらなければいけない仕事は1日のスケジュール表に書き込んだり、メモをした付箋をあなたのカートに貼ったりすれば、「あの仕事、やり忘れた!」ということもなくなります。

 

教えてもらったことをメモしたことをそのままにしては意味がありませんので、勤務終了後にメモしたことを清書するなどして、きちんとまとめておきましょう。

 

タイマーを使うこと

新人看護師は常に時間に追われながら働いています。

時間に追われていると、頭の中はいっぱいいっぱいで余裕がないですね。

 

そのような中で、リーダー看護師から「新しい指示が出たから、これをやっておいてね」と言われたり、ナースコールが鳴って患者さんの対応をしていたりすると、うっかり時間でやるべきことを忘れてしまいます。

 

そういう時は、タイマーを活用しましょう。

やるべきことを忘れていても、タイマーがピピッと鳴ってくれれば、「あ!あれをやらなくちゃ!」と思い出すことができるのですよ。

 

先輩に積極的に質問すること

新人看護師は積極的に質問することが、仕事を覚えるための第一歩なのですよ。

仕事をしていて、迷った時や自信がない時は、どんなに先輩看護師が忙しそうにしていても、先輩看護師を呼び止めてきちんと確認しましょう。

 

また、看護技術が上手くできない時は、どうやったら上達するのかなどのコツを先輩に聞くと、丁寧に教えてくれるはずですよ。

 

1日のスケジュールはしっかり立てて、シミュレーションを

新人看護師は1日のスケジュールを細かく立てるようにしましょう。

そのためには、少し早く出勤して、受け持ち患者さんの情報収集を念入りにして、細かくスケジュールを立てて下さい。

そして、スケジュールを立てたら、先輩看護師にチェックしてもらってくださいね。

 

さらに、勤務開始前にどう動くかというシミュレーションをしておくと、実際にもスムーズにスケジュール通りに動くことができるはずです。

 

新人看護師がリアリティショックを乗り越えるためには、リラックスタイムも大切ですよ

新人看護師がリアリティショックを乗り越えるためには、リラックスタイムを作ることも大切です。

オンオフの切り替えですね。

 

仕事を早く覚えよう、早く仕事ができるようになりたいと思って、帰宅した後や休みの日も勉強していると、24時間ずっと仕事のことを考え続けることになりますので、精神的に余裕がなくなり、自分自身を追い込むことになるのです。

 

ですから、新人看護師がリアリティショックを乗り越えるためには、オンオフの切り替えをしっかりして、リラックスタイムを作るようにしましょう。

 

リラックスをして、気持ちを切り替えれば、仕事でショックを受けていても、仕事以外に楽しいことがあると思えるのです。

 

新人看護師がリアリティショックを乗り越えるのが難しいなら、職場を見直しましょうね

新人看護師がリアリティショックを乗り越えるのが難しいなら、職場を変えて、気分を一新させるのも良いでしょう。

 

特に、リアリティショックの原因が先輩看護師が怖いなどの職場の人間関係が原因の場合、あなたが仕事を覚える努力をしても、オンオフを切り替えてリラックスタイムを作るようにしても、精神的なストレスは改善しない可能性があります。

 

あなたが努力してもリアリティショックから抜け出せない場合は、あなたが悪いのではなく、その職場が悪いのです。ですから、早めに転職をして、リアリティショックを受けるリスクが少ない良い職場で働くと良いでしょう。

 

職場を変えれば、気分を一新させて、新たな気持ちで一歩を踏み出すことができますので、リアリティショックから抜け出すことができるかもしれないのですよ。

 

新人看護師さんがリアリティショックを受けて、転職したい場合は、転職支援サイトを使って転職先を探しましょうね。

 

転職支援サイトなら、担当コンサルタントが職場ごとの新人看護師がリアリティショックを受けた時の対策法などを調べてくれますので、リアリティショックを受けにくい職場へ転職することができるのですよ。

マザーナースイチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

こちらもおすすめ

【マザーナース】

マザーナースは「看護師の仕事を何でも解説!」をテーマに制作しているWEBサイトです。現役看護師(マザーナース「キヨミ」)、転職エージェントOG、WEB担当3名による編集チームです。

運営者情報 | マザーナースとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる