新人看護師が外来で働く事はありますか?

新卒の新人看護師が外来で働く事は少ないですね。

外来よりも病棟勤務の方が、看護師として勉強できることが多いのです。

一般には新卒の新人看護師は、外来よりも病棟に配属される事が多いです。

新人看護師でも、経験があったりブランクのある新人看護師は外来に配属される場合があります。

病院の外来に勤務すると、夜勤の勤務はありません。

ブランクのある新人看護師には、病棟よりも時間帯も仕事の内容も働きやすい外来勤務を希望する人は多いかもしれません。

病院の外来でもクリニックと同じように、医療補助の仕事が多いのです。

看護の仕事が少ないのですから、看護師の仕事に自信がないブランクのある新人看護師にとっては、適している職場という事になります。

ブランクのある新人看護師はまた、クリニックなど街の外来診療科で働くことも多いです。

高度の医療が行われていないために、看護知識や看護技術に不安のあるブランクのある新人看護師としては働きやすいのです。

新人看護師が外来で働くメリットはありますか?

新卒の新人看護師が病院の外来で勤務するメリットはほとんどありません。

新卒の新人看護師は、看護技術の基本を学ぶ事が出来る病棟勤務を希望すべきでしょう。

病棟勤務であれば、今後の看護師人生に役立つ多くの事を学ぶ事が出来るのです。

新人看護師が外来で学ぶ事が出来る事は、コミュニケーションの能力を身につけることでしょうか。

しかし、この能力であれば病棟看護師の方が、より深く身につける事が出来ます。

採血についても病棟看護師と同じように技術を向上させる事が出来ます。

外来で働くメリットは、時間外の勤務時間がないということや、夜勤の仕事がないという事です。

これらの勤務条件に関する事は、家庭を持ち子供のいる新人看護師であれば誰でも興味のある内容です。

新人看護師の家庭環境によっては、外来は職場の条件としてメリットがあると言えるでしょう。

新人看護師の外来の仕事は何?

外来の仕事は、医者が診察しやすいように援助する事です。

診察介助や、治療のための処置の介助をします。診療科によって仕事の内容が異なりますが、一般的には採血や点滴などをします。また、問診や検温血圧脈拍まどのバイタルチェックをします。

殆ど事務員がしますが、カルテ整理や患者さんの呼びだしなどをすることもあります。

毎日同じことをするので、すぐに慣れます。診療科にもよりますが、一般に病棟のように患者さんの急変時の対応をする事は少ないのです。

また外来勤務は、直接患者さんの看護をしないために、新人看護師として看護技術の基本を身につける事が出来ないのです。

しかし外来にはいろいろな症状の患者さんが訪れます。

待合室には、発熱して悪寒のある患者さんがいるかもしれません。腹痛の為に苦しんでいる患者さんがいるかもしれません。

大きな病院の外来では、待ち時間が長い事が普通です。

病院の待合室には本当に苦しんでいる患者さんが少なくありません。

新人看護師の適切な判断と対症的な処置が、患者さんを助けることにもなります。

新人看護師の気持ち次第で、やりがいのある職場にできそうですね。多くの患者さんがスムーズに診察をしてもらう事が出来るように、医師の診察の補助をする事が看護師の仕事です。

大学病院などの大きな病院には、クリニックなどでは手に負えない難しい症例の患者さんも紹介されて来院してきます。

新人看護師が身近で難しい症例に立ち会えるという事は、外来でなければできないことかもしれませんね。

大学病院では高度な治療を行うために、最新式の医療機器の導入もしています。

外来では、新しい医療機器の操作をしたり、新しい検査機器を使用する機会もあるでしょう。

「看護師としてまだまだ勉強がしたい」という看護師にとって、大学病院の外来は病棟勤務とはまた違った意味で、適している職場になるでしょう。

転職サイトランキングを見る