新人看護師が大学病院で働く理由は?

大学病院で働きたいと考えている看護師は結構います。

看護師になる前の看護学生の時から、私はそう思っていたのです。実際の内容などは何も知らないのにです。

ただ「大きな病院で働いてみたい」そう思ったのです。

運よく看護師になってから、実際に働くことになったのです。しかしその時はまだ、大学病院の良さは分かりません。

他の病院で働いてみて初めて、比較できる対象が出来るのです。

「大学病院で働いて良かった、ずっと働き続けるべきだった」と思ったのは、ずっと後になってからの事です。

私は若い時の運の良さを自分から何度も、惜しげもなく手放していたのです。年齢がいってから分かるのですが、大学病院に就職していた事もその一つだったのです。

大学病院には付属の看護学校がありますから、卒業した看護学生を受け入れます。

看護学生は、あまり考える事をせずに必然的に大学病院で働くことになります。

新人看護師が大学病院で働くメリットは?

新人看護師が大学病院で働くメリットは沢山あります。

勉強する機会にとても恵まれていることもその一つです。大学病院は治療についても看護についても、クリニックなどよりは進んでいるのです。

小さな病院やクリニックでは手に負えない難病の患者さんは、紹介されて大学病院に受診に来ます。

大学病院には、多くの難しい病気を患っている患者さんが入院しているのです。

それぞれの疾患の治療や看護について、より深く勉強する機会を得る事が出来ます。

研修会や学会などにも多く参加できる機会が与えられます。

勤務年数が長い順番に参加できる学会もあり、楽しみにしている看護師もいます。

新しい医療機器を多く導入しているので、それらに関する操作方法なども詳しくなります。

他の病院に転職することになっても、大学病院で働いた経験は看護師人生に大きく影響を与えることになります。

大学病院は職場が大きいだけに、沢山のスタッフがそれぞれの部署で働いています。患者さんの他にも、多くの人と接することになります。

コミュニケーション能力は、仕事をスムーズに行うために徐々に上達していきます。

大学病院で働いている時には分からなかった給料についても、他の病院に転職するとその良さが分かります。

大学病院は、公務員の給料制と同じなので年齢がいくほどにより高額になります。年金の額も多く、将来的には安定した生活が送れるのです。

新人看護師で大学病院勤務の人と、そうでない人の違いとは?

他の病院でも看護師寮があるところはありますが、大学病院で働く新人看護師は、看護師寮に入る事が出来ます

看護師寮は病院に併設されているので、夜勤の時には通勤の事を考える必要がないので安心ですし安全です。

看護師寮は生活に関する設備が、すべて揃っているので生活しやすいのです。

大学病院内にも、銀行や食堂、スーパーや美容院など生活に必要な施設が揃っています。看護師寮は独身の看護師が、経済的にも楽に安全に生活できる場所なのです。

大学病院に働らく看護師と、他の医療機関に働く看護師との違いでもあります。

大学病院に勤務すると、看護の基礎や看護技術についても学ぶ事が出来ます。

プリセプターなどが付いて指導してくれます。看護の知識や技術を習得することで、仮に転職したとしても看護師として恥をかく事がないでしょう。

勉強をする機会を多く与えられるということも大学病院で働く看護師の特権です。

「看護学校を卒業しても、なおかつ勉強しなければならないなんて嫌だわ」という看護師には向いていないかもしれませんね。

仕事が終了してからも、研修会に参加するための資料作りなどに時間を割かなければならないでしょう。

休日の日にも勉強する事が多くなるでしょう。

大学病院に勤務していると、家庭を持ってからも勉強しなければならないという負担を感じて退職していく看護師もいます。

生活に合わせた職場で働きたいと考えるのももっともな事です。そんな看護師は時間にゆとりのある他の医療機関で勤務すると良いですね。

転職サイトランキングを見る