新人看護師が子育てをしなければならない時?

新人看護師でも、結婚して子供がいる看護師であれば、子育てしなければならない事は当然の事です。

新人看護師によっては、両親と同居していたり夫に時間があり、家事や子育てに関して協力をしてもらう事が出来る場合があります。

そんな環境に恵まれている新人看護師は、子育てに当てる時間が少なくて済みます。

その分、新人看護師としての仕事に集中できます。多くの子育て中の看護師は、子育てと仕事の両立が困難になり、転職したり休職することになるのです。

一般に転職先の職場に選ぶのが、クリニックなど夜勤の仕事がない医療機関です。

子育て中の新人看護師は、夜はなるべく子供と一緒に過ごしたいと考えるからです。

私も出産し子供が二人になった時に退職したのです。「子供を育てる事が出来る時は、人生で今だけだ」と思ってしまったのです。

その時は、もちろん子供が大きくなった時に、すぐに再就職しようと考えていたのです。そして、本当にすぐに再就職することになったのです。

これは経験ですが、母親が看護師として働いていると、子供たちはお互いに協力して助け合って生きていきます。

子育てを負担に考えず、忙しい仕事の中でも楽しんで子育てしていけたらよいと思うのです。

新人看護師が子育てできる職場環境ですか?

新人看護師が、働きながら子育てもできる職場環境を選択するためには、子育てをサポートする方針を掲げている職場に就職する事です。

就職する条件として、職場である病院に、保育所や託児所が設けられていることが必要です。

子育て新人看護師の為に、勤務時間帯についても考慮している病院があります。

夜勤を免除してくれたり、時間外勤務や日曜日の勤務を免除してくれるところもあります。

子育てと仕事を両立させながら、働く時にはぜひそんな職場を選択したいですね。

看護師の仕事であれば、仕事の内容にこだわってなどいられません。

医療ではなく福祉の現場であっても、殆ど問題はないのです。

家庭的には、できれば両親が同居して子育ての応援をしてくれると、より安心して新人看護師として働く事が出来ます。

もちろん夫の理解や協力は、避けることはできません。それらの問題点を解決することで、新人看護師の子育て環境が出来たと言えますね。

子育てを優先させるためには、沢山クリアしなければならない事があります。

新人看護師が子育てと仕事の両立をする時にはどうする?

新人看護師が子育てと仕事の両立をする場合には、職場や家庭の環境がすべて整っていなければなりません。

そうでなければ最初のうちは仕事をしながら子育てしていても、途中で挫折してしまいます。

退職しなければならなくなってしまうという事です。

子育ても、看護師の仕事もどちらも中途半端にできない事です。環境を良好にして、新人看護師の仕事を続けている看護師は少なくありません。

自宅近辺のクリニック勤務をすることで、子供の送り迎えができやすくなったという看護師もいます。

昼休みに自宅に戻り家事をすることが出来るという条件のクリニックもあります。

家計の足しになるだけの収入を得ながら、子育てと家事の両立が出来る職場はうれしいですね。

新人看護師の子育てと夫の役割。

新人看護師が子育てしながら働く時に、夫の協力は欠かせません。

新人看護師の夫の役割とは何でしょうか?新人看護師の妻が夜勤をする時には、子供の夕食の準備や麻食の準備と食事介助をします。排泄介助や着替えなどはもちろん、できれば入浴介助も必要です。

それだけでも夫の役割は大きいとですね。朝会社へ行く時に子供を保育所まで送っていきます。

夫がいるからこそ、新人看護師の妻は看護師として働く事が出来るのですね。

妻が日曜出勤の時には、丸一日子供の面倒を見なければなりません。

夫に負担をかけたくないという思いが、子育て看護師に夜勤や日曜出勤の職場で働く事を避けさせるのです。

看護師の夫が、育児や家事などを得意になる理由が分かる気もしますね。

転職サイトランキングを見る