新人看護師は残業代をきちんともらえないと損ですよ

新人看護師は残業代をきちんともらわないと損ですよ

新人看護師のあなた。

残業代をきちんともらっていますか?

残業代の計算方法や残業代を貰えない時の対処法などをお話しますよ。

新人看護師は残業代の計算方法を知っていますか?

新人看護師は残業代がどのように計算されているか知っていますか?

新人看護師は、まずは残業代とは何かを知っておきましょうね。

 

残業代は時間外手当と呼ばれるものですよ。時間外手当には2種類あります。まずは、そこから説明していきますよ。

 

労働基準法で定められた労働時間は1日8時間、週40時間です。では、あなたの職場の既定の労働時間はどのくらいですか?

 

労働基準法と同じ1日8時間、週40時間のところも多いと思いますが、1日7.5時間、週37.5時間というところもありますね。

 

労働基準法と職場の既定の労働時間が同じであれば、時間外手当の計算方法は1つだけですが、労働基準法と職場の規定が違うと、時間外手当の計算方法は2種類になるのですよ。

 

労働基準法と職場の規定が同じであれば、残業代の計算方法は次の通りになります。

  • 時間外労働の時間数×1時間当たりの給料×1.25

 

1時間当たりの給料は、基本給を1ヶ月の平均労働時間で割ったものですね。

年間休日が120日のところは、1か月あたり20日間程度働く計算になります。

 

基本給が20万円の場合、1時間当たりの給料は20万円÷(20日間×8時間)=1250円ですね。

 

もし、あなたが10時間残業をしたら、残業代は10時間×1250円×1.25=15625円となりますよ。

 

次に、労働基準法と職場の規定が違う場合の残業代の計算方法を説明しましょうね。

 

例えば、あなたの職場の労働時間が1日7.5時間、週37.5時間という場合、労働基準法の週40時間との差である2.5時間分は、残業代の計算方法が先ほどご紹介したものとは、少しだけ違うのですよ。

 

この場合の残業代の計算方法は、以下のようになります。

  • 時間外労働の時間数×1時間当たりの給料

 

つまり、労働基準法で決められた1日8時間、週40時間を超えないと、1.25倍にならないというわけです。

 

新人看護師は残業代をきちんと請求してOKですよ

新人看護師は残業代の計算方法がわかったら、次は残業代を請求しても良いのかどうかについてお話しましょうね。

 

「新人看護師だけど、残業代を請求してもOKなのかしら?」と不安になる新人看護師さんも多いのではないでしょうか?

 

「仕事ができない新人看護師なのに、残業代を請求したら、図々しいと思われそう」と思っているかもしれませんね。

 

でも、そんな不安は必要ないのですよ。新人看護師でも、堂々と残業代を請求してくださいね。

残業代はあなたが頑張って働いた対価です。残業代を貰うのは、労働者としての正当な権利なのですよ。

 

新人看護師だって労働者の一員です。

決してボランティアというわけではありません。

ですから、新人看護師だからって遠慮せずに、働いた分は残業代を請求しましょうね。

 

ただ、残業代が欲しいからって、ダラダラ働いて残業時間を伸ばすのはダメですよ。

きちんと頑張って働かないと残業代を請求するのは、ルール違反ですからね。

 

新人看護師は残業代を貰えなかったらどうすれば良いのでしょう?

新人看護師は残業代を貰えなかったら、どうすれば良いのでしょうか?

新人看護師だって、残業代を請求するのは当然の権利です。

 

でも、職場によってはサービス残業をするのが当たり前というところもあるのですよ。

そういう場合は、どうすれば良いのでしょうか?

 

泣き寝入りするのは止めましょうね。

泣き寝入りしたら、それだけ損をしていくことになるのですよ。

 

また、あなたが「サービス残業は仕方がない」という姿勢でいたら、師長はあなたをただ働きしても文句を言わない新人看護師と思いますので、どんどん雑用を押し付けてくるでしょう。

 

ですから、残業代を貰えずに、サービス残業を強いてくるのであれば、師長にきちんと抗議しましょうね。

1人では抗議しにくいと思いますので、同期の友人と一緒に師長のところに「どうして、残業代を頂けないのですか?」と聞いてみましょう。

 

師長に直談判しても残業代をつけてもらえないのであれば、最終手段は転職です。

サービス残業を強いる職場は、長く働けば働くほど損をしていくことになります。

 

あなたの今月の残業時間はどのくらいですか?

先ほど説明した計算式で、もらえるはずの残業代を計算してみましょう。貰えるはずの残業代で何ができるでしょうか?

それが1年間続いたらどうでしょう?3年間続いたら?そう考えると、早めに転職したほうが良いのです。

 

新人看護師が残業代を貰うためには、どんな職場に転職したら良いのでしょうね?

新人看護師が残業代を貰うためには、どんな職場に転職したら良いのでしょうか?

これは一概には言えないのですが、規模の大きな職場だとサービス残業は少なく、きちんと残業代をもらえることが多いのですよ。

 

逆に、クリニックや個人病院などの小規模な職場は、なんだかんだと理由をつけてサービス残業を強いられることが多いのです。

大規模な職場は、そういう部分はしっかりしているのです。

 

また、離職率を調べて、離職率が低い職場を選ぶのも良いですね。

サービス残業の職場は、たいてい離職率が高いのです。その理由は言うまでもないですね。

 

ですから、新人看護師が残業代を理由に転職するなら、大規模な病院の中から離職率が低いところを選ぶと良いでしょう。

ただ、大規模な病院なら絶対に残業代を貰えると約束されたわけではありません。

 

残業代を確実にもらういたい新人看護師さんは、転職支援サイトを使うと良いですよ。

転職支援サイトなら、担当コンサルタントがサービス残業の有無を調べてくれますので、残業代をしっかりと支給してくれる職場を紹介してくれます。

それどころか、残業しなくても良い職場を探すこともできるのですよ。

マザーナースイチオシ転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は特にオススメです!全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能です。管理職看護師の転職にぴった りな求人や、治験関連企業の看護師求人も豊富です。まずは相談してみると、心強いアドバイスとサポートが受けられますよ。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富な老舗看護師転職サイトです。求人の量と質、キャリアアドバイザーのレベル共に申し分ありませんので、マイナビ 看護師との併用をおすすめします。

こちらもおすすめ

【マザーナース】

マザーナースは「看護師の仕事を何でも解説!」をテーマに制作しているWEBサイトです。現役看護師(マザーナース「キヨミ」)、転職エージェントOG、WEB担当3名による編集チームです。

運営者情報 | マザーナースとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる