新人看護師が結婚を決意する相手は?

以前勤めていた病棟の看護師の場合ですが、医者と結婚したのです。

他にも新人看護師が結婚する相手は、医者である場合が少なくありません。

看護学生の時に、イベントなどで医者の学生と知り合うのです。交際が続いてお互いが、看護師と医者になってから結婚というケースがあります。

新人看護師は結婚し結局、看護師を退職してしまうのです。

経済的に看護師として働く必要がなくなるわけです。

病棟の看護師たちは「何で私ではないの?」と羨望のまなざしを医者と結婚した看護師に向けるのです。

「できる事ならそうしたかった」と、そのチャンスがなかった事を悔やむ看護師も多いのです。

新人看護師ではない看護師が医者と交際する時は、2号さんになる時ですね。

都会の病院に勤務していた時に、美人の中年の看護師が医者の2号さんだという話を聞いたことがあります。

上品でスタイルが良く美人の看護師だったので印象に残っています。看護師の結婚する相手は医者ばかりではありません。

病院内にはいろんな部署で男性が働いています

レントゲン技師と結婚している看護師長は二人知っています。

薬剤師や病院の事務員やリハビリの人と交際している看護師もいます。

同じ職場に働いていると交際する機会も多く、結婚に結びつく確率も高いですね。

看護師は勤務時間も不規則ですから、一般の会社の人と交際する時間が少ないかもしれません。

新人看護師が結婚して退職する時。

新人看護師が結婚して退職する事は少ないです。

せっかく看護師の資格を取得したのですから、なるべくなら一生仕事を続けたいと考えている看護師が多いのです。

退職しても子育てが終わるなど、家庭環境が落ち着くと再び看護師として働く事を考えます。

一度は退職しても、不景気の時が長く続いている社会なのです。

一般の会社に勤める女子の給料よりも、看護師の給料の方が高額なのです。

家計を豊かに維持するために、看護師として再就職する確率は高いでしょう。

新人看護師が退職してずっと家庭にいる事が出来る時は、夫にすごく生活力がある時です。例えば医者とかです。

そうであれば医者の奥さんとして悠々自適に過ごす事が出来ますね。

新人看護師が結婚して退職する時は、結婚を機に引っ越しをする時です。

看護師として働く事を、夫や家族に理解してもらう事ができない時にも退職しなければなりません。

夫や家族の理解や協力を得られない時でも看護師の仕事を続けたい時には、結婚をあきらめなければならないのです。

新人看護師が結婚しても仕事を続ける事が出来る時。

新人看護師が結婚しても退職しなくても良い時は、夫に理解がある時です。

家庭を維持する事を協力してくれる夫である場合には、看護師を退職しなくても済みます。

新人看護師が結婚をする時には、働くことに理解のある男性を選択したいですね。食事や掃除洗濯などの家事も分担してもらえると助かります。

看護師は、不規則な仕事で家を留守にする事が多いのです。

時間外勤務があるので、勤務時間が終了してもすぐには帰宅できない場合も多いのです。

新人看護師が結婚を機に退職しなくても、子供が出来るなどしてさらに環境が変わると退職することもあります。

家庭や子供を大切にしながら、再就職できるようになるまで待ちましょう。ふたたび看護師として働く事が出来る日が来ます。

一段落してから、看護師として再就職する看護師は多いです。

看護師はどの医療機関でも不足しています。就職できない事はないので、希望の条件で就職先を探しましょう。

新人看護師の時に結婚した看護師。

新人看護師時代は職場で覚えることばかりなのです。そんな大事な時に私も結婚したのです。

結婚したから言えるのですが、新人看護師の結婚は急がなくても良かったのです。

結婚はいつでもできるのですから、まず新人看護師にしかできない事を優先すべきです。

職場の仕事の流れや患者さんの事、看護の事などをもっと勉強して学び、覚えてから結婚しても良いのです。

退職して二度と看護師として働く事がないという結婚であれば別です。

しかし、そうでない場合には結婚を後回しにした方が良いです。

看護学校を頑張って勉強して卒業し、やっと取得した看護師免許です。新人看護師の時を大切に過ごしたいものです。

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る