新人看護師の1ヶ月の日々。

新人看護師として働きはじめて1ヶ月たっても、まだまだ分からないことだらけです。

大きな病院では、1ヶ月そこそこの新人看護師には病院内の構造の理解もできません。

検体をどこへ持っていって良いのか、検査時は患者さんをどこへ連れていって良いのかさえ新人看護師には分かりません。

何から何まで先輩に聞かなければなりません。

聞かれる方だって、何度も聞かれて厄介なことが分かるだけに遠慮してしまいますね。

新人の性格にもよりますが、気を使って疲れてしまうことも多いでしょう。

就職して1ヶ月たっても、まだそのような状況が続いているかもいれません。

大きな病院では検査室もいろいろあって、建物の構造も厄介です。

勤務する病棟以外の病棟には、立ち入った事がないという1ヶ月目の新人看護師は多いのです。

新人看護師の1ヶ月目、病棟の雰囲気。

新人看護師が入職して1ヶ月も経つと、病棟の雰囲気は少しずつ変わってきているでしょう。

周りの先輩たちは、始めは新人看護師としてわりと丁寧に扱ってくれます。

しかし1ヶ月も過ぎると、新人看護師でも大分病棟の事を理解してきたと思われます。

新人看護師としては、患者さんの名前もはっきり覚えていない人もいるかもしれません。

看護室では、積極的にスタッフの話の中に入っていかなければ、いつまでたっても親しめませんね。

自分から先輩看護師たちの間に溶け込んでいく努力をしなければなりません。

仕事を覚えながらスタッフにも気を使います。1ヶ月経つ頃には精神的にもだいぶ疲れてきているはずです。

疲れていると自分で理解できる人はまだ良いかもしれません。

精神的疲れを感じないけれども、本当は疲れている新人看護師はいます。

そんな新人看護師はショックな事があると立ち直れないかもしれませんね。

精神的に参っている事を理解していれば、ストレスを発散させる努力が出来ますし、ストレス解消もできるのです。

新人看護師 1ヶ月後の仕事。

新人看護師になって1ヶ月後の仕事ですが、仕事の流れを少し理解して先輩に聞かないでもこなせることも増えてきます。

看護師としての最初の給料も貰い、「これからがんばるぞ」と気持ちを新たにしている新人看護師もいるでしょう。

注射にはまだ慣れていないかもしれませんね。患者さんに嫌がられることもあるでしょう。でも看護師であればだれでも通る道なのです。

回数をこなすたびに、自然に上手になるのですから焦らない事です。

焦らず淡々と仕事をこなしていきましょう。そのうちに注射に関しては、病棟で一番上手になっていたりしますよ。

患者さんよりも年齢が若いのですから、信頼される看護師になるには難しいのが本当です。信頼される看護師はやはり年配の看護師です。

経験上コミュニケーション能力にたけていますから、仕方がありませんね。

患者さんに対しては、誠実に接していくことが大切です。

分からない事は調べて教えてあげればよいのです。分からないで終わらせないで、責任を持って対応すると良いのです。

新人看護師1ヶ月のストレス解消法。

毎日精一杯に働き、一日があっという間に過ぎてしまう新人看護師の日々です。

疲れてすぐ寝てしまうだけの毎日でしょうか。そのうちに時間にゆとりもできて、公私ともに楽しく過ごせるようになります。

休日にはストレス解消したいものですね。

精神的にリフレッシュして仕事に出たいものです。自分の好きな事をするのが一番リフレッシュできそうです。

休みの日には好きな事をたくさんして、気持ちを上げていきましょう。

ゆっくりと自然に親しむのも良いかもしれませんね。

音楽を聴いたり美術館へ行ったり、友達とおしゃべりするのも良いですね。

自分の部屋に閉じこもってじっとしていたのでは、気持ちは返って落ち込む事があります。

散歩をしてさわやかな空気を吸うだけでも、気持ちが晴れるかもしれません。

頑張っている自分へのご褒美に、何か買っても良いかもしれませんね。

おいしいものを食べたり、映画を見るとかいろいろやりたい事を考えておくと良いですよ。

毎日働いて休みには勉強していては、精神的にも肉体的にも参ってしまいます

自分に厳しくしないで、ゆったりとした気持ちで毎日を送ると良いです。無理をしないでも自然に、次第に職場に慣れていきます。

転職サイトランキングを見る