新人看護師で40代?働く理由は?

新人看護師で40代?働く理由は?

40代で新人看護師として働く理由はいろいろです。

看護師の環境や生き方によって異なります。

経済的な面で再就職を試みるブランクのある新人看護師もいます。

40代で離婚して新人看護師として再出発する事を考え、準備を始める人もいます。

子育てが終了したのを機に、生きがいを求めて看護師になる事を考える人もいます。

40代で新人看護師になる事を決意するのは勇気のいる事です。

40代で新人看護師になる事を決意するのは勇気のいることです。

40代から看護学校を卒業し看護師の資格を取得しようと考える人は少ないでしょう。

看護師の資格を以前から持っていて、40代で看護師として再就職しようと決意する人はいます。

ずっと看護師の仕事を続けていて、新たに就職した先の職場で、40代の新人看護師と呼ばれる人は少なくないでしょう。

私の職場にも40代の新人看護師は、次々に就職してきます

期待外れだったり、仕事が忙しすぎたりして数カ月で退職してしまう新人の40代看護師もいます。

勤めてみて、ハローワークの評判と違っていることに初めて気づく場合があるのです。

新人看護師で40代の人への職場の風当たりは?

新人看護師で40代の人への職場の風当たりは?

40代の新人看護師への風当たりはそんなに弱くはありません。

40代の新人看護師は、年齢が年齢ですから、いろんな職場での経験はあるのです。その事をスタッフは知っていますから、ある程度の事は要求してます。

「これ位はできるだろう」「いやできるはずだ」「できないはずはない」「できなければおかしいだろう」という具合なのです。

40代の新人看護師に対して周りは、しっかり仕事について要求し期待をしてしまうのです。忙しくない職場であれば期待せずに、親切に教えるかもしれません。

しかし忙しい職場であればゆっくり指導している暇はありません。

就職してきた新人看護師に対して期待をするのです。

新人看護師も40代であれば、当然期待されても仕方がないのです。期待にこたえる事が出来なければ、風当たりは強くなります

始めのうちは慣れないから仕方がないと思われます。そのうちに「いつまでたっても慣れない」という苦情に変わってくるのです。

40代新人看護師は、しっかりやって当然の辛い立場ですね。

しかし40代では年齢が年齢ですから、新人看護師といえども人間関係については経験もあります。

今までの経験を生かして、素早く職場の仲間と良好な人間関係を築く事が出来るのです。その点は、40代新人看護師の特権でもあります。

新人看護師で40代の人が職場として選択すべき所は?

新人看護師で40代の人が職場として選択すべき所は?

40代の新人看護師が、職場を選ぶ時には自分の自信のある診療科が良いですね。

以前に働いていた診療科と同じ診療科を選ぶ方が、仕事がしやすいでしょう。

その診療科の仕事が嫌で新人看護師として就職しなおす場合には、希望する診療科を選んで頑張りましょう。

新しく始める診療科なので慣れていない分、職場環境は難しくなるかもしれません。

しかし、やりたい仕事があると言うのなら、強い信念でやり抜くしかありません。

「面倒なことは嫌だ」と言う40代新人看護師もいます。そんな看護師は、医療関係ではなく福祉関係を選択してみても良いでしょう。

福祉関係の職場では、医療関係のように患者さんの命に関わる事が少ないのです。

精神的に疲れることも少ないかもしれませんね。

福祉の職場は老人ホームやデイサービス、グループホームなどがあります。

医療の仕事は少ないですが、40代の新人看護師もしっかり看護の仕事をする事が出来る職場です。

「人間関係が煩わしくていやだ」と言うことで再就職を決意する40代の新人看護師もいます。

そんな40代新人看護師は、非常勤の職場を選択することも一つの方法です。

体力的に自信がないので、夜勤はしたくないと言う40代の新人看護師には、夜勤のない日勤ばかりの職場が適しています。

日勤ばかりの勤務を希望する場合には、クリニックなどでの勤務が向いています。

年齢的にも若いとは言えない年齢です。無理せず自分のやりたい仕事を探しましょう。

転職サイトランキングを見る