看護師の欠格のことなど、普段気にする人は居ません

看護師の欠格事由は、保健師助産師看護師法で定められています。

普段の生活では関係ないのでほとんど欠格のことなど考える機会もありません。

保健師助産師看護師法第9条の欠格条項は、看護師の国家試験を受けるために勉強しているときに聞かされます。

法に触れる悪い行いをすると看護師の資格がなくなるというものです。一般常識から考えても予測できることばかりです。

看護師の欠格者は、見たことがありません

長く看護師をしていますが、欠格になった看護師にあったことはありません。

欠格になるくらいなら看護師の資格を目指さないと思います。

人の役に立ちたい、社会の役に立ちたいと決意し看護師になる人が多いのです。

欠格で資格喪失する看護師がいるわけがありません。

社会的に悪い行いをする人が、看護師になる決意をするとは考えられないのです。

社会の常識では考えられないような欠格ではありますが、万が一不本意にも欠格に該当する看護師がいるかもしれません。

それでも再出発して看護師をやりたいと考える看護師がいるかもしれません。

看護師を欠格になっても、再就職できる場合もありますか?

一般的には、悪いことをすると罰を受けたり、時効があったりします。

看護師にもその内容によっては再就職できる場合もあるそうです。

看護師の場合は、執行猶予中は資格が与えられないなどの欠格条項はありません。

看護師国家試験の受験資格には、そういった規定はありません。意思さえあれば、受験が可能なのです。

不本意ながらそんな事態に直面しても、あきらめないで看護師を続けることもできるのです。

でもそれには職場の理解が必要です。

ある一定期間罰を受けて罪を償ったあとの話です。元の職場が受け入れてくれるでしょうか?

看護師を欠格になったら、転職サイトに相談してみては

もしかしたら欠格により病院を除籍になっているかもしれないのです。

病院によっては再出発をサポートしてくれるところだってあるのです。

前もって病院の方針などを、調べておく必要がありますね。就職してすぐに退職ということにもなりかねないのです。就職前調査は大切です。

看護師転職サービスのサイトを利用してみませんか?欠格の看護師の再出発をサポートしてくれる病院もあるかもしれません。

ダメ元で取り敢えず調べてもらいましょう。きっと良い情報が得られると思います。

あなたの希望条件を早速伝えましょう。

転職サイトランキングを見る