看護師の決算賞与ってなに?

看護師の決算賞与とは、何でしょうか?転職求人サイトなどでは、賞与は基本給の4か月分または5か月分といったふうに表示されています。

また、賞与は殆どの医療機関で年2回支給されます

しかし、賞与とは別に決算賞与を支給している医療機関もあります。

決算賞与とは、病院の経営状態により、所得状況が良く利益が出ていれば、これを従業員に還元するというものです。

社員に分配してしまうということで病院としては節税になりますし、社員にとっても臨時収入となり双方にとって都合がよい事になります。

決算の時期は病院によって異なりますが、2月か3月に行うところが多いようです。

看護師の決算賞与がある職場は?

看護師に決算賞与を支給する職場は経営状況の良い、利益を上げている職場です。

看護師に人気のある医療機関は、待遇面で優れている事が多く、特に決算賞与を導入している職場は人気が高いです。

決算賞与はボーナスとは少し異なっています。ボーナスは、賃金規定によって定められたもので、ある程度の金額差はあっても、支給されることが確定している賞与のことです。

決算賞与は確定していない特別の賞与のことです。医療機関の経営状況が、決算賞与を支給できる条件を満たした場合にのみ、職員に支給されるものです。

支給条件は、病院の経営が順調で年間を通して決算をした際に利益が出た場合に、その利益の一部を社員に還元することを目的に導入されている制度です。

そのため、支給されるのは年1回、それも年間利益が黒字のときのみに支給されるものです。

支給額も一定ではなく、利益に応じて支給額が変動するのです。

しかし、支給される側としては、決算賞与があるか否かでは収入面で大きく異なり、仕事に対するモチベーションも異なってきます。

自分の努力次第で病院の利益を上げることができ、その努力に応じた還元があるとなれば、俄然モチベーションは上がります。

この決算賞与を導入することで、看護師の仕事に対するモチベーションを上昇させ、仕事に専念する意欲も上げる事が出来ます。

看護師の患者さんへの接遇が良くなり、結果的に病院全体の評価を上昇させる事に繋がり、病院の経営状況も良くなるのです。

決算賞与を取り入れている医療機関は、経営的にも賢いやり方をしている事になります。

看護師の決算賞与が支給される確率が高い職場は?

看護師に決算賞与が支給されやすいのは、どこでしょうか?

一般の企業に努めている企業看護師は、決算賞与を支給されやすい環境にいます。

看護師を募集している企業は、社員の健康管理にまで目を向ける事が出来るということですから、経営状況の良い大きな企業である場合が多いです。

経営状況の良い企業ですから、殆どの企業では、他の会社員と同じように看護師にもボーナスや決算賞与の支給があります。

企業看護師の場合、ボーナスの計算方法は他のサラリーマンと同じように業績賞与になります。

医療機関での勤務期間が長く、査定に慣れていない看護師が多いですが、日ごろからの仕事に対する態度などは、しっかりと評価されますから注意しましょう。

日々の仕事をしっかり行っていれば、それほど心配する必要はないですね。

看護師としてよりも会社の一社員という感覚がつよい企業看護師ですが、社員の健康維持管理というやりがいのある役割があります。

決算賞与が支給される確率が高いことも、企業看護師の人気の高い理由の一つです。

大きな病院ではなくても、民間の小さな病院でも経営状況が良くて利益を上げている医療機関では、決算賞与を支給している所もあります。

就職する場合には医療機関の大小ではなく、経営状態が良し悪しを確認して職場を選択する方が決算賞与をもらえる確率も上がります。

決算賞与の額は、医療機関の利益によって異なります。

勤めている医療機関が利益を出せるように、看護師として接遇などで気をつけることが、結果として病院の利益にまで影響していく可能性はありますね。働きがいのある職場を選択したいものですね。

転職サイトランキングを見る