このお話は、こんな人に役立ちますよ↓
「泌尿器科ってどんな仕事をするのかしら?」
「泌尿器科?なんか恥ずかしいけど、メリットはあるの?」

泌尿器科の看護師になりたい人のために、仕事内容やメリット・デメリット、泌尿器科に向いている人、求人選びの注意点をまとめましたよ。

泌尿器科は看護師にあまり人気がない診療科です

泌尿器科は看護師にはあまり人気のない診療科なのですよ。泌尿器科は中高年の男性が受診するところというイメージがありますが、実際に患者さんは男性が多いのです。

また、泌尿器科で扱う臓器は腎臓、尿管、膀胱、尿道、陰茎、精巣、前立腺と尿に関係した臓器と男性特有の疾患を診療しますので、女性看護師はどうしても敬遠しがちなのです。

婦人科で男性看護師が働くようなものと考えると、女性看護師が泌尿器科を敬遠するのも納得できるのではないですか?

ただ、女性看護師が泌尿器科をあえて選ぶメリットもあるのですよ。ですから、泌尿科だからといって敬遠せずに仕事内容やメリット・デメリット、求人選びの注意点を見ていきましょうね。

泌尿器科は総合病院や大学病院に診療科がありますが、病棟の場合は、他の診療科と混合病棟になっていることが多いので、泌尿器科を専門に働こうと思ったら、外来かクリニックを選ぶことになりますね。

泌尿器科の看護師の仕事内容や特徴は何でしょうか?

泌尿器科の看護師の仕事内容や特徴をお話しますよ。

オペ前後の看護

泌尿器科の看護師の仕事内容の1つ目は、オペ前後の看護ですよ。泌尿器科の病棟では、腎臓がんや膀胱がん、前立腺がんなどの患者さんが入院していて、オペが頻回に行われていますので、看護師はオペ前後の看護をしなければいけませんよ。

また、検査介助も泌尿器科の看護師のメインの仕事になりますね。

精神的なケア

泌尿器科の看護師の仕事の特徴の2つ目は、精神的なケアが大切なことですよ。泌尿器科の患者さんは、尿を出すという生理現象が上手くできなくなること、また男性機能に問題を抱えていることが多いので、不安を持っているのです。

また、検査や手術に対しての不安も大きいですね。

泌尿器科の看護師は、患者さんの不安を的確に把握して、それを取り除くようなケアをしなければいけません。

透析看護

泌尿器科では人工透析を行っているクリニックも多いのです。そのため、泌尿器科で働くと、透析看護を行うのも看護師の仕事になりますよ。透析中の看護や自宅療養の指導を行うのです。

泌尿器科の看護師のメリットをお話しましょうね

泌尿器科の看護師のメリットをお話しますよ。泌尿器科は女性看護師に敬遠されがちですが、実は泌尿器科を選ぶメリットは4つもあるのです。

病棟では他の診療科も経験できる

泌尿器科で働くメリットの1つ目は、病棟勤務の場合はほかの診療科も経験できることです。泌尿器科は大学病院でも混合病棟になっていることが多いのですよ。

そのため、泌尿器科を選ぶと泌尿器科の看護ができるだけでなく、他の診療科の看護もできるので、幅広いスキルを身につけられるのです。

透析看護という専門性を持てる

泌尿器科で看護師が働くメリットの2つ目は、透析看護という専門性を持てることですよ。人工透析を行っている泌尿器科クリニックで働くと、透析看護を経験できます。

これからは看護師も専門性を持つべき時代ですので、透析看護という専門を持てるのは、これからの看護師キャリアを考えると、大きなプラスになると思いますよ。

日勤のみやパートなどの働き方を選べる

泌尿器科の看護師は、日勤のみやパートなどの働き方を選べるというメリットもあります。泌尿器科を専門で働こうと思うと、外来やクリニックを選ぶことになります。

そのため、夜勤には入らず日勤のみで働きたい、週3回のパートで働きたいなどの希望に合わせて働けるのですよ。

人間関係が良好なことが多い

泌尿器科で働くメリットの4つ目は、人間関係が良好なことが多いことですよ。泌尿器科は、その特性から男性看護師が多いのです。

そのため、女性看護師が多い職場よりもサッパリとした人間関係であることが多いので、人間関係で苦労することは少ないのですよ。

泌尿器科の看護師のデメリットは何でしょうか?

泌尿器科の看護師のデメリットについてお話しましょうね。

セクハラ発言を受けることも

泌尿器科の看護師のデメリットの1つ目は、患者さんからセクハラを受けることがあることですよ。泌尿器科はどうしても診察部位がデリケートな部位になります。

中高年の患者さんは若い女性の看護師に対して、セクハラのような発言をする人もいるのですよ。

ただ、そのセクハラ発言は、羞恥心の裏返しであることも多いので、看護師は「ただセクハラを受けた!」というだけでなく、その裏にある患者さんの精神面も考慮しなければいけないのです。

デリケートな部分のケアが多い

泌尿器科の看護師のデメリットの2つ目は、デリケートな部分のケアが多いことですよ。導尿や膀胱洗浄、陰部洗浄、剃毛などは日常茶飯事です。

いくら看護師とはいっても、やはり男性の陰部のケアをするのは恥ずかしいですね。

泌尿器科の看護師に向いているのは、こんな人ですよ

泌尿器科に向いている人は、次のような看護師さんですよ。

・人間関係に疲れた人
・仕事の時は羞恥心を捨てられる人
・子育てと仕事を両立させたい人
・日勤のみで働きつつも専門性を持ちたい人

このような看護師さんは、ぜひ泌尿器科にチャレンジしましょう。「泌尿器科だから」と敬遠していると、損をするかもしれませんよ。

泌尿器科の看護師求人を選ぶ時の注意点

泌尿器科の看護師求人を選ぶ時の注意点を3つお話しますよ。

病棟なら単独か混合か

泌尿器科の病棟で働きたいなら、泌尿器科単独の病棟か混合病棟かをチェックしておきましょうね。泌尿器科では単独病棟が少ないのです。

混合病棟の場合は、何科と混合なのかを調べておきましょう。混合の診療科に興味を持てなければ、仕事のモチベーションは上がりませんから。

クリニックでは自由診療を行っているか

泌尿器科クリニックを選ぶなら、自由診療を行っているかどうかを確認しましょう。泌尿器科では自由診療を行っているクリニックがあるのです。

自由診療の泌尿器科クリニックでは、一般的な診療のほかにED治療や包茎治療、パイプカットなどを行っていますので、よりデリケートな部分を扱うことになります。

ただ、自由診療は利益が大きいので、看護師の給料もちょっと高めになることが多いのですよ。

人工透析は行っているか

泌尿器科クリニックを選ぶ時には、人工透析を行っているかを確認しましょうね。人工透析を行っている泌尿器科クリニックで働けば、自分の専門を作ることができます。

ただ、夜間透析を行っているところも多く、準夜勤のような時間帯にも働かなければいけないこともあるのですよ。

泌尿器科の看護師の仕事内容や特徴、メリット・デメリット、向いている人、求人選びのポイントをまとめました。

泌尿器科の求人を選ぶなら、転職支援サイトを使いましょうね。転職サイトなら、いろいろな泌尿器科の求人を扱っていますので、あなたに合った求人を見つけることができるのです。

転職サイトランキングを見る