潜在看護師が多い理由は?

看護師が結婚するときに、夫など家族の希望で看護師を辞めて家庭に入る看護師はいます。

夫の家族が事業をしている場合には、自分の仕事よりもそちらの方を優先し、看護師を辞めて夫の仕事を手伝うこともあります。

家族に病人がいる場合には、自分が退職し家族の介護をするということもあります。

育児を優先するために看護師の仕事を辞めざるを得ないという看護師もいます。

看護師の職を辞して家庭に入る看護師を、潜在看護師と言いますが全国に55万人もいるといいます。

潜在看護師になる理由は様々ですが、一度再就職をすることは難しくなります。

病院を離れて数年たつと、自分に自信を持つことができなくなります。

医療現場の進歩は目覚ましいですから、職場を離れていた自分が迷惑をかけずに、他のスタッフと共に同じような仕事ができるか否かについて不安に思うのです。

新しい医療機器を使いこなすことができるか、忙しい職場で働くことができるかどうかについて考えると、自分の体に関しても自信が持てなくなるのです。

夜勤をすることに自分の体が慣れてくれるか、日常生活がこれまでとは違ってくるけれども家族は自分の仕事に対して理解をしてくれるかなどいろいろ考えるのです。

今までと違ったことをすることに対して抵抗があることも事実です。

一般的に年齢がいく程その傾向があり、新しいことに挑戦することが難しくなるのです。

潜在看護師が復職するときに先ず始めることは?

家庭の事情で働かなければならなくなった時には、他の職種に就くよりは経験のある看護師の仕事を選択するでしょう。

せっかく高額であれば当然看護師の仕事を選択するでしょう。

勇気を出して仕事探しを始めることになりますが、看護師の仕事を離れてから年数が経っているのであれば、まずは研修などを受けて仕事に慣れるのが良いです。

大きな病院などでも潜在看護師の為に研修を行っているところもあります。

自分が働きたいと考えている病院などに、研修を行っているかどうかについて問い合わせてみるのもよいでしょう。

また、市役所に問い合わせたり看護協会に問い合わせるなどして、復職する潜在看護師の為の研修に参加すると良いです。

看護師転職サイトでも、潜在看護師の復職の為のアドバイスをしていますから聞いてみてもよいですね。

潜在看護師が最も働きやすい職場は?

しばらく医療機関を離れていたのであれば、最初から最新医療を行っている病院などに就職することは望ましくないでしょう。

看護師の仕事に関して、勘を取り戻したり、少しでも自信を持つことができるようになった時点で医療の現場に復帰してもよいでしょう。

医療よりも介護の仕事が多い職場に就職して、仕事に慣れていくのも一つの方法です。

例えば、老人ホーム、介護施設などです。

すぐに夜勤の仕事も大変ですから、体をならしていくことを考えて夜勤の仕事がない職場を選択することも一つの方法ですね。

例えば、クリニックなどの外来業務だけの職場です。

はじめのうちは自宅近辺のクリニックに就職することもよい方法です。通勤のための時間が省けますから、その分家事などに充てることができます。

クリニックは昼休み時間は一般に、病院勤務の昼休憩よりも長いので、その間に家事や子供迎えなどの用事をすることもできるでしょう。

すぐに看護師として医療現場で頑張りたいという人は、前もって十分研修などに参加しておくと良いでしょう。

本人のやる気が何より大切ですから、意志が固ければ、職場での少しの困難には打ち勝てるでしょう。

殆どの職場で不安はあっても時間が解決してくれるでしょう。

しかし、病院勤務では夜勤や日曜出勤などの避けることができない勤務もありますから、家族の理解や協力は欠かせないですね。

看護師転職サイトに相談しましょう

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師さんは口コミでの人気が高い看護師転職サイトですね。非公開求人が多く高収入の求人に強いので、イチオシですよ。


2位:ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは業界では老舗ですので安心ですね。確実な転職をしたい看護師さんは、こちらも併用しましょうね。


※非常勤(パート・アルバイト・派遣)をご希望の方は、 こちらへどうぞ。

この記事を書いた人

現役看護師「キヨミ」

北陸地方の大学病院で外科病棟に2年勤務し、その後総合病院にて、呼吸器・循環器・消化器・血液内科と内科系を中心に勤務をしてきました。

学生指導や教育担当を経て、今は皮膚排泄ケアの認定看護師として活動しています。

60歳を超えるまで、ずっと看護師一筋で働き続けてきた経験を活かし、悩める看護師さんたちの励みになる記事を書いていきたいです。

  • 保有資格・・・正看護師・ケアマネージャー
  • 出身・・・石川県
  • 年齢・・・62歳
  • 職務経験・・・大学病院・総合病院・訪問介護施設
  • 診療科経験・・・外科・呼吸器・循環器・消化器・血液内科・老年科

ページのトップへ戻る